退却の準備

 大学は、来年3月で定年。それ以降の何年かは、特任や非常勤講師をしたいと考えているが、自分で思うように行くとも限らない。大学にも自宅にもたくさんの資料があるので、この整理をそろそろ始める必要がある。

 企業や団体の社史を廃棄するのはもったいないと考えている。誰かに差し上げることになるが、相手が見つかるとは限らない。その際は、廃棄かな。これから1年かけて少しづつ廃棄することになる。


[PR]
# by kogaj | 2018-01-21 10:36 | 大学生活

卒業論文

 正月の仕事始めに、奥さんが大学教授の友人と飯を食った。奥さんが今、「なんで私が院生の卒業論文を書かなきゃならんの」とぶつぶつ言いながら机に向かているという。教員でゼミ生の提出した論文をみると、最初は箸にも棒にもかからないのが少なくない。2-3か月かけて指導してやっと論文らしくなる。

 時間を掛けて、それらしい論文を書いてくれ、成長が確認できるのであれば嬉しい。指導教員の冥利に尽きる。だが、タイムリミットもあり、そうでない場合もある。その時は、アメフットでいうスクランブル、教員が書くことになるのだろう。「分からないだろう」と考えるのか、小保方女史で知られるようになったネット上の記事などを貼り合わせたコピペ論文を出してくる、決して真面目とは言えない学生もおり、なかなか難しいところである。
 

[PR]
# by kogaj | 2018-01-20 09:28 | 大学

カ・ン・ゲ・キ

c0018010_09532623.png

先般開かれた月例の教授会の終了後に郵便棚をみたら、友人からの手紙。「何だろう」とはさみで封を切ると、中から出てきたのが、2つの展覧会の招待券でした。ひとつは、東京国立博物館で開かれている京都・仁和寺の文物の展覧会。

もうひとつは、2月から西洋美術館で開かれるプラド美術館の展覧会。25年前にマドリッドの本館へ行って以降、ご無沙汰している。いずれも楽しみにしていたイベントである。都合をつけて、行きたいものである。送付いただき、本当にありがとうございました。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-19 09:52 | 日記

恐ろしい時代

8年前から所属しているフィットネスクラブのシャワー室に先日、異様な張り紙があった。「シャワー室での排泄行為を現認したら脱会処分とします」という趣旨であった。どうも、ガラス張りのシャワー室であることをいいことにこの中で、排便行為に及んだようである。

愉快犯か、それとも入浴中にもよおして、そのまま行為に及んだのか。浴室の外には、トイレがある。愉快犯か。臭い思いをして愉快犯でもないだろう。発見された当時の浴室はどんな雰囲気だったのだろうか。異様な臭気が蔓延していたことだろう。係員も大変な思いをして処理に当たったに違いない。何とも、恐ろしい時代になったものである。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-18 09:37 | 大学生活

阿部ちゃんをしのぶ会

c0018010_11465187.jpg
昨日は、大手町で私の友人のしのぶ会が開かれた。昨年12月に仕事で訪れた岐阜で急逝された。私より若干若い62歳か。平均寿命が80代の中で、早すぎる死である。

 話はしたことはなかったが、大学時代からその風貌は気になっていた。当時から活動家で大学キャンパスでは目立っていた。実際に話をしたのは、私がロンドン勤務から帰国した1995年5月ごろだ。いろんな話をして、日本経済のあるべき姿などを議論した。

 しのぶ会には、100人以上の友人が詰めかけていた。故人の人徳をしのばせる集まりであった。合掌

[PR]
# by kogaj | 2018-01-16 11:47 | 友人

センター試験

「なんでそうなの」と疑問をもつほど当局がピリピリする大学入試センター試験。2日間の日程が終了しました。良かったなあ。大学は、これから本格的な入試シーズンに突入します。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-14 22:40 | 大学

ゼミの新年会

ゼミをふだんより早く終えて大学近くの焼き鳥屋で新年会。2年、3年生、4年生合計し20人弱。風邪などで体調がすぐれず3人が欠席した。インフルエンザが流行しているので、万一を考えてのことである。半年くらい前にオープンしたお店で、普通の焼き鳥屋と思い込んでいたのだが、入ってみると清潔でなかなか良かった。

終了前の4年生同志のディベートでは、消費税値上げの是非を議論してもらった。税制などは素人なのにもかかわらず、結構骨太の議論をしてくれた。不敗神話を誇っていたN君がやはり勝利した。4月以降は、福島県内の高級フルーツを幅広く手掛けるお店で仕事をする。私は、弁護士とか議員が向いていると思うのだが、本人はいたってその気はナシ。

 残念ながら負けたT君は、福島県内の放送局での仕事がまっている。総合職なので、記者になるのか、アナウンサーか、はたまた、営業なのか、ふたを開けてみなければ分からないようだ。午後9時半過ぎにはお開きとなる。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-12 14:31 | ゼミ生

4大学5ゼミコンペ

先週末、立教大学の池袋校舎で、立教、法政、大正、茨城大の5つのゼミ生によるプレゼンテーションのコンペを実施した。5年前にスタートして今回は5回目。今年こそグランプリと行きたかったのであるが、残念ながら2位だった。来年は捲土重来、トップを目指したい。

 私のゼミが発表したのは、ストーカー対策の提言、立教は、選挙、大正大は、屋台の考察、茨大のもう一つのゼミは、戦争の記憶だった。5人の審査員のうち、我がゼミは、2人が押してくれたが、ライバルのゼミは3票を取り、残念無念。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-09 20:26 | ゼミ生

c0018010_20190696.jpg

 アイルランド出身のピーター・サザーランドが死去した。71歳だった。今から約20年前の1990年代中盤は、スイスのジュネーブでウルグアイランド(新多角的貿易交渉)が開かれていた。知的所有権や日本のコメ市場の開放などを巡って各国の利害が対立し、交渉は、なかなかまとまらなかった。

 経済部からロンドン支局へ配属された私は、頻繁にジュネーブへ派遣され、交渉の取材にかかわった。この交渉のトップに就いたのがサザーランドで、100か国以上の利害を調整し、最終的な合意に持ち込んだのはサザーランドだった。欧州では、弱小国のアイルランドだったのにもかかわらず、国際機関のトップに就き、交渉が合意に漕ぎつけたのは、サザーランドのずば抜けた交渉力の手腕なしには考えられない。

 記者会見の対応もとてもよく、例えば、100人以上が出席している会場で、私の同僚の記者の当時ジュネーブ特派員の会田が手を挙げると、「お前が質問がないから変だと思っていたが、やっと手をあげてくれたな」などと軽口をたたきながら、応じていた。記者にもとても愛されていた。


 世界貿易機関(WTO)のトップだった時に、単独会見にも応じてくれ、ゆっくりとした分かり易い英語で対応してくれたことを思い出す。帰り際に、オーバーを羽織ると、たまたま同じ柄で、サザーランドから「おおお・・同じオーバーじゃない。いい趣味しているね。どこで買った」などと声を掛けてくれた。

 特派員生活を終えた帰国後に、ゴールドマン・サックスの東京支社へ取材に出かけたら、たまたま、サザーランドがゴールドマンのパートナーに転身した時で、東京の担当者にWTOでの話を離すと驚いていた。国連の事務総長特別補佐などにもついて世界的に活躍されいた。
人間的にも能力的にもずば抜けた人だった。ご冥福をお祈りしたい。


[PR]
# by kogaj | 2018-01-08 20:21 | 国際

新年賀詞交換会

c0018010_11362987.jpg

 先週は、イベントのため上京する機会が複数回あった。そのうちの1つが、経済3団体の新年祝賀パーティー。1995年に財界を担当して以来、都合がつかないケースを除いてほとんど顔を出している。その時々の様子が分かって面白い。
 今回の特徴は、経団連の榊原会長が、安倍政権の経済政策を100%どころか120%持ち上げたことである。手放しの褒めようというべきか。格の高い財界総理なのだから1つ位は注文を付けるのであるが、それもなかった。異例である。6月に退任するので、「もういいや」ということなのか。これでは、政高財低が一段と進むばかりである。

 演壇に立った安倍首相の挨拶で興味深かったのは、年頭記者会見でぶち上げた「憲法改正」を1コトも発言しなかったことである。なぜだろうか。それ以外は、ゴルフ談義。聴衆の笑いを誘っていたが、「低レベルの発言に終始するこんな首相で良いのかね」と疑問を抱いた。もっと格調高く会ってほしいものである。財界人は、もっと勉強しておるぞ。

 27年ぶりに会った外交官もいた。現駐日英国大使のポール・マデンである。私のロンドン特派員時代に一緒に飯を食べたなあ。自宅にも読んでいただいたことがある。キーの高い声などは当時とは変わらなかったが、一段と恰幅良くなっていた。一緒にいた駐日ドイツ大使を紹介していただいた。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-08 11:37 | 経済

7草粥

c0018010_12072675.jpg

1月7日は、人日の節句の日。昔から7草粥をいただき、無病息災をお祝いする。我が家の朝食は、七草粥、スズナ、スズシロ、セリなどが入っている。わずかに塩味をついており、とても美味しい。

 都内での懇親会を終えて帰った昨夜のお酒は、ほとんど残っていない感じだったが、おかゆで、食は進んだ。今年1年元気でありたいものである。
[PR]
# by kogaj | 2018-01-07 12:06 | グルメ

新年会

3日夕に、ゼミ生と新年会を挙行した。いずれも、遠方から水戸まではるばる学びのために来ている苦学生で、新年には故郷に帰らない居残り組。沖縄、兵庫、石川県などの出身である。

私の自宅に近い回転寿司で挙行したが、問うてみると、3人ともこうした回転寿司に来ることはほとんどないようである。新年に何をしたかから始まり、卒業後のこと、就職活動など話題は、広範囲に拡がった。居残り組は、この3人以外にいたようだ。都合がつかずに参加できなかった。冬休みが今週で終り、来週から講義が始まる。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-04 08:09 | 大学

正月2日目。郵便受けにクレジットカードの明細が配達されていた。空けてみると、記憶に一切ない「アマゾンプレミアム会費」で400円引かれていた。会員になった記憶は全くない。明細書をさかのぼってみると、昨年8月ごろから毎月400円引かれていた。アマゾン経由でこの間、商品を注文したおらず、この恩恵には、一切浴していない。

 解約の手続きをネット上で、早速取る。だが、敵もさるモノ、どうやって解約スレば良いのか、良く分からない。分かり易く書いてないと記述した方が正解だろう。しばしパソコンと格闘し、やっと解約手続きをとることができた。

 気が付かずに、1年過ごしていたら、400×12=4800円の大損をするところだった。今年は、春から、ラッキーだ。私はこのようにプラス思考をするようにしている。皆さんもお気をつけて下さい。

[PR]
# by kogaj | 2018-01-02 11:43 | 経済

初詣

c0018010_11350239.jpg

 1年の計は元旦にあり。今年は、これをするぞ~とあれこれ思いを巡らす。午前中はいつものようにおせち料理をいただく。これは、出来合いの注文品。昨年は、塩分の強い印象だったが、今年は、調理したのをそのまま配達いただいたためそうでもない。ヘルシーです。

 午後からは、偕楽園に隣接する常磐神社へ初詣をする。係累の不幸で、この正月は、喪に服しているのであるが、健康のために運動も兼ねて出かける。通常は、ガランとしている神社はこの日だけは、かなり多くの人が集まっている。参道でのテキヤさんの出店も少なくない。

 広島お好み焼きには、列ができたいたね。拝殿の前にも、30メートルくらいの列が3つで来ていた。こちらの方が本筋ですな。運よく10分程度の待ちで、終了した。偕楽園にも足を延ばし、丘の上から千波湖を臨んだ。なかなかいい一日だった。


[PR]
# by kogaj | 2018-01-02 11:35 | 日記

年越しそば

c0018010_17321992.jpg

年越しそばを今年は、外で食しました。毎年、自宅でいただきますが、今年の最後を祝う形で外になりました。水戸市でも美味しいといわれる本学近くの蕎麦屋。親父は、本学の卒業生で、一時、アルゼンチンのブエノスアイレスの日本人学校で教員をしていたとか。帰国後は、そば職人に変身。

日本酒、焼酎のほか、アルゼンチンワインも置いてある。日本酒を2合いただき、最後の締めは、モリ。美味しかったぜよ。

[PR]
# by kogaj | 2017-12-31 17:28

卒論が終了

20日が期限となっていた卒業論文。ゼミ生は、滞りなく提出してくれた。終了後に忘年会。数人の欠席があり、とても残念だったが、幹事団の準備が良かったのか、盛況のうちに終了した。お祝いを兼ねていたので、私が、シャンパンを持参し、それでお祝いした。やはりアンドレは美味い。

 来週から冬休み。遠方から来ている学生は、故郷に帰省しないようだ。大学は、あと1か月強で、試験シーズンへと突入する。

[PR]
# by kogaj | 2017-12-21 12:02 | ジャーナリズム

英国の最近を講演

c0018010_08095888.jpg
友人の紹介もあって水戸の芸術館で2時間講演しました。芸術館では、現在、英国のデイヴィッド・シュリグリーさんの「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」(原文のまま)を展示中。発想や色合いが良くて面白い。アニメも楽しめます。

この企画に合わせてアダホックに開催された。当初、「英国の笑い」をお願いされたのだが、調査の時間的余裕がない上に、荷が重いと感じた。このため、「難しい」と他のテーマをお願いしたら、「最近の英国で良いです」とのこと。最終的に、これに落ち着いた。

 東京土産で戴いたクッキーが絶品。自由が丘に本店があるようで。英国フォートナムメイソンのアールグレイと一緒にいただきました。

 講演は、米女優と最近、婚約した英ハリー王子の話から、英国の欧州連合(EU)離脱へ飛び、英国人の傾向、日英の比較、英米の比較など広範囲に及んだ。10数人の参加者からは積極的な質問が出て、結構面白かった。様子は、澤幡さんの「水戸梅日記」から拝借しました。

c0018010_15452199.jpg

[PR]
# by kogaj | 2017-12-11 08:09 | 友人

ほていさん

c0018010_07574698.png

週末は、東京・月島のほていさんで忘年会。アンコウで有名なお店です。貧乏人からするとちと高かったな。記者時代の先輩方計10数人らとワイワイガヤガヤ。奥様もご一緒でした。当方は、アイパッドで写真を撮影し、出来栄えは良かったのですが、転送ができずに、ブログにアップできない情況です。12月もあとわずかです。
[PR]
# by kogaj | 2017-12-11 07:59

同窓会の忘年会

c0018010_17534055.jpg
先日、都内で大学のクラスの忘年会を挙行した。今年は、ゼミを木曜日に設定したので、4年ぶりに参加。10数人が出席した。もっとも、顔を出すメンバーはきまっているのだが。
 
 「糖尿病の進行と戦っている」、「白内障の手術をした」、「胃のポリープを切除した」などの健康の話が多かった。私も、視力、聴力、声が衰えてきたと老化が着実に及んできたことを告白した。もっとも、クラスメイトと比べればまだましかなあと痛感した。ユルブリンナーのようなスキンヘッドもいる。

 場所は、六本木のヒルズの前、地下で会費6000円だからまあまあかな。帰りは、六本木ヒルズを回ったら、迷子になった。すぐさまタクシーを拾い東京駅へ。バスに乗って帰途に付いた。

[PR]
# by kogaj | 2017-12-10 17:52 | 大学

お久しぶりです

c0018010_12055025.jpg
半年くらい入力せずに失礼しました。いつものことですが。フェイスブックが主流になり、ブログへの投稿が減りました。結構忙しくしております。写真は、先日訪れたハンバリー・ブダペストで食したグヤーシュスープです。ボルシチみたいな味で、なかなかいいです。

 皆様にお知らせです。来年3月頃に新しい本を上梓できそうです。政治と経済とジャーナリズムなどをひとまとめにした大作です。その時はまたお知らせします。

 11月、12月は、4年生の卒論の佳境の時。教員も当然付き合うことになります。最初は、箸にも棒にもかからなかった論文が、1か月もすると、見違えるように立派に生まれ変わります。鉄は熱いうちに叩け。そんな金言を納得する季節でもあります。では、ご理解を、よろしくお願い致します。

[PR]
# by kogaj | 2017-11-19 11:58

5月から続けてきた茨城県の生涯学習センターが主催する県民大学講座の講義が先日終了した。世界情勢を何回かに分けた講義で、準備には、結構時間がかかっていたので、終了してほっとした。最後の講義は、積み残しの案件の、①中国の一帯一路②マクロン大統領、メルケル首相の紹介と独仏連合の行方③それに英国の今後-などを紹介した。

駆け足だったので、分かりにくかったかもしれないが、その辺はお許しいただくしかない。大学は、現在補講期間中、来週は試験、8月中旬から夏休み。講義がなくなるので教員は、この期間が、研究に全力を投入することになる。写真は、6月に新潟で開かれた学会の際に訪れた新潟随一のラーメン屋です。(注)写真を毎回、アップしているつもりなのであるが、画像をみると、反映されていない。やり方がまずいのだろう。アップされてなかったらお許しを。
c0018010_09051671.jpg
c0018010_09050295.jpg

[PR]
# by kogaj | 2017-08-03 09:08 | 日記

浅野屋

神楽坂の蕎麦屋の浅野屋にいった。友人の大学の先生と一緒。刺身があったので注文したら、馬さしであった。生姜醤油で食べると美味い。さくら色をしてなかなかいい。チリ産のワインの楽しんだ。軽い感じで結構美味かった。また、行きたいものである。前回のラーメン鈴木で画像を入れたのだが、ブログに反映されていない。どうしたもんだろうね。
c0018010_07502599.jpg
c0018010_12021834.jpg

[PR]
# by kogaj | 2017-03-22 12:05 | グルメ

ラーメン鈴木

久しぶりに、中華そば「鈴木」に行った。4年ぶりくらいか。前回、このブログにかいた記憶がある。水戸を代表する醤油ラーメンである。開店したばかりの午前11時半ごろ行く。既に5人くらいが並んでいた。

10分程度待って、中に入る。日本がとても貧しかった頃の昭和30年代の雰囲気を想起させる内装である。ここ30年くらいカネを掛けていないと思われる。テーブルは、古びている。椅子は、壊れた分を変えていった感じだ。チャーシューメンを注文する。値段は、何と380円。ラーメンだと250円。

ふるさとの鹿児島にもうまくて安いラーメン店「のり一」が天文館の近くにある。ここも数年前までは、250円だったと思うが、350円に値上げになった。そういう意味では、「上手いけど格安」というジャンルで日本で最安値なのかもしれない。

10分程度経つと目の前に運ばれてきた、分厚いチャーシューが5枚ほど乗っていた。シナチクも数本入っている。ネギは少々。めんは、ここの独特のゆで方で、腰がない、うどん的なもの。安いので文句は言えない。写真をアップしたが入るかどうか。


[PR]
# by kogaj | 2017-03-19 07:52 | グルメ

東北へ出張 八戸、秋田

週初から東北地方への出張に来てます。目的は、地方ジャーナリズムの調査。わがゼミの卒業生が、地元に就職していることもあって、その新聞を含めたメディアの現状を調べております。いずれも、地元紙は、地方のジャーナリズムの核心となっている。米ウォーレン・バフット流に言えば、ハイパーローカルを駆使し、読者の求心力を高めているということであろうか。


[PR]
# by kogaj | 2017-02-22 21:49 | 日記


c0018010_9362595.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。ここ数年は、学部の執行部に入っていたので雑務がやたら目ったら多く、毎日が飛ぶように過ぎて行きました。今年は、煩雑な雑務から解放されることになり、4月から研究1本に打ち込めます。バンザ~イ!!といって感じです。


c0018010_9371468.jpg
昨年を振り返ると、いろいろありました。12月に某国際学会のワークショップが都内であり、主催者の要望に応じて、英語で学会発表をやりました。初めてのことです。60過ぎで果敢にチャレンジ、私もようやるわいと自分ながら感心しておりました。近いうちに論文に掲載されるので、検索をお願いします。


c0018010_9374654.jpg
研究論文は、2本書きました。雑誌などへの寄稿も相変わらずコンスタントにやっております。紀要に連載したのが10回を超えますので、これを何とか本にまとめたいと考えております。


c0018010_9381246.jpg
さて、新年は久しぶりに国内におりました。水戸の名所八幡宮に初詣に行ってきました。その帰りに、デパートの初売りにも寄ってみました。意外に多かったのでビックリ。今年もよろしくお願い致します。最後に国宝(?)の本殿もアップしました。ご笑覧下さい。
[PR]
# by kogaj | 2017-01-03 09:38 | 日記

合宿で広島へ


c0018010_7582311.jpg
ゼミ合宿で広島へ行った。ゼミ員を入れて総勢17人。原爆を中心とする平和学習と、余暇の時間を利用して厳島神宮を訪問した。私にとって、大学時代に訪問して以来約40年ぶり。そう大きくは変わっていなかったような印象だった。
[PR]
# by kogaj | 2016-10-06 22:45 | 大学

驚きの教会


c0018010_9251987.jpg先日最近お目に掛かっていない先輩から連絡をいただいた。「夢に中にでてきた」、「片目をつぶっていた」ということであった。ウィンクしていたのか、それとも悲壮な顔をしていたのか。ブログを中断しているといろいろ心配をいただける。5月のパリ訪問の続きを書きましょう。


c0018010_9262255.jpgパリ滞在中に一番驚いたのは、たまたま、入ってみた教会に、私の通った中高の校名を冠にしている聖人の石像やステンドグラスが陳列されていたことである。聖人の名前を冠にした修道会があるのだが、このカトリック教会は、そことは関係ないようだ。


c0018010_9271317.jpgリュクサンブール公園の北、ルーブル美術館からセーヌ川を渡り、10分ほど歩いたところにあるサン・シェルビス教会である。かなり大きい。ここにあるパイプオルガンは世界最大級だとか。聖人のステンドグラス、石像などは、正面の入り口から入って右側に陳列されている。


c0018010_9275489.jpgフランス語でその偉業をたたえる文書も置かれている。学校教育の基礎をスタートさせた初の牧師ということである。高校を卒業後、既に40年超経過したが、こうした教会があるとは耳にしたこともなかった。それだけに驚きである。同窓生にも教えたいと思う。


c0018010_933365.jpg教会を見学して、外に出ると、目の前に巨大な噴水があった。その右側には、詩人のアポリネールの名前を取ったアポリネール通りがあった。パリは、こうした遺物の宝庫である。
[PR]
# by kogaj | 2016-10-02 09:28 | 国際

パリから帰国して大分経った。今回の訪仏で記憶に鮮明に残ったのが、フランス革命でギロチンに送られた悲劇の王妃といわれるマリーアントワネットが最後に滞在した監獄である、革命裁判所の別名のあるノートルダム寺院の近くのコンセルジェである。現在は、最高裁判所とか。
c0018010_22264722.jpg

ルーブル美術館側からシテ島への橋を渡ったところにそれはあった。ノートルダム寺院の入場券と一緒というので入ってみた。そしたらアントワネットが最後にいた専用の部屋があるというの本当に驚いた。さっそく、行ってみた。石造りの建物の中をぐるぐる歩くと、確かにたどり着いた。
c0018010_22272947.jpg

 広さは、10数畳程度か。明かり取りの窓は小さくかなり暗い。警護する兵士2人の向こう側に、王妃の人形が椅子に座っていた。隣にはベッドがあり、壁には小汚いタペストリーがかかっていた。

始終監視されていたのである。何日滞在したのかは分からないが、ここでの人民裁判で死刑判決を受けて、その後、コンコルド広場に運ばれたわけである。部屋には、親族から送られたというアントワネットがギロチンにかけられる前に、飲んだ水を入れた水差しがあった。
c0018010_2228888.jpg

部屋は薄暗く、粗末なベッドが置いてあった。小さな礼拝堂と思えるような隣の部屋の階下には、裁判などの様子が描かれた絵画がいくつか展示されていた。そこから中庭に出れる出口があった。普段はそこで日光浴ができたようだ。最後の日は、そこにコンコルド広場まで輸送する馬車が待っていたのである。

翌日コンコルド広場に行った。オベリスクが経つ広場の敷き石の上に、当時の国王がギロチンにかけられた場所との金属のプレートがはめ込まれていた。右方向にシャンゼリゼ、凱旋門が見えた。
[PR]
# by kogaj | 2016-05-29 22:16 | 国際

久しぶりのパリ


c0018010_13554533.jpg
パリに来ています。久しぶりです。5階建ての建物の屋根裏のアパルトマンです。エレベーターも狭い狭い。でも部屋は広く快適です。トイレなどを含めて全部で20畳程度はあるかな。1日1万円くらいだからまあ、いいかな。

場所は、ルーブル博物館の近く。歩きで3分くらいか。窓を開けて外を見るとチュールリー公園が見えます。50メートルくらいか。

起き抜けにベランダに出たらジェット機が飛んでいて飛行機雲がみえました。パリの屋根の下の1日はまた、格別です。c0018010_13565283.jpg

[PR]
# by kogaj | 2016-04-29 13:58 | 日記

お久しぶり

先般、大学時代のゼミ生らと久しぶりに飯を食った。思い出したように時たま会っているのだが、2年ぶりくらいか。1人が、直前に体調を崩して、参加できずにとても残念。いつもの2倍くらいの量のお酒を飲んでしまった。

翌日に残ることはないのだが。
[PR]
# by kogaj | 2016-04-20 08:48 | 友人

水戸・偕楽園にて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31