今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

浅野屋

神楽坂の蕎麦屋の浅野屋にいった。友人の大学の先生と一緒。刺身があったので注文したら、馬さしであった。生姜醤油で食べると美味い。さくら色をしてなかなかいい。チリ産のワインの楽しんだ。軽い感じで結構美味かった。また、行きたいものである。前回のラーメン鈴木で画像を入れたのだが、ブログに反映されていない。どうしたもんだろうね。
[PR]

# by kogaj | 2017-03-22 12:05 | グルメ

ラーメン鈴木

久しぶりに、中華そば「鈴木」に行った。4年ぶりくらいか。前回、このブログにかいた記憶がある。水戸を代表する醤油ラーメンである。開店したばかりの午前11時半ごろ行く。既に5人くらいが並んでいた。

10分程度待って、中に入る。日本がとても貧しかった頃の昭和30年代の雰囲気を想起させる内装である。ここ30年くらいカネを掛けていないと思われる。テーブルは、古びている。椅子は、壊れた分を変えていった感じだ。チャーシューメンを注文する。値段は、何と380円。ラーメンだと250円。

ふるさとの鹿児島にもうまくて安いラーメン店「のり一」が天文館の近くにある。ここも数年前までは、250円だったと思うが、350円に値上げになった。そういう意味では、「上手いけど格安」というジャンルで日本で最安値なのかもしれない。

10分程度経つと目の前に運ばれてきた、分厚いチャーシューが5枚ほど乗っていた。シナチクも数本入っている。ネギは少々。めんは、ここの独特のゆで方で、腰がない、うどん的なもの。安いので文句は言えない。写真をアップしたが入るかどうか。


[PR]

# by kogaj | 2017-03-19 07:52 | グルメ

東北へ出張 八戸、秋田

週初から東北地方への出張に来てます。目的は、地方ジャーナリズムの調査。わがゼミの卒業生が、地元に就職していることもあって、その新聞を含めたメディアの現状を調べております。いずれも、地元紙は、地方のジャーナリズムの核心となっている。米ウォーレン・バフット流に言えば、ハイパーローカルを駆使し、読者の求心力を高めているということであろうか。


[PR]

# by kogaj | 2017-02-22 21:49 | 日記

謹賀新年 今年もよろしくお願い致します


c0018010_9362595.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。ここ数年は、学部の執行部に入っていたので雑務がやたら目ったら多く、毎日が飛ぶように過ぎて行きました。今年は、煩雑な雑務から解放されることになり、4月から研究1本に打ち込めます。バンザ~イ!!といって感じです。


c0018010_9371468.jpg
昨年を振り返ると、いろいろありました。12月に某国際学会のワークショップが都内であり、主催者の要望に応じて、英語で学会発表をやりました。初めてのことです。60過ぎで果敢にチャレンジ、私もようやるわいと自分ながら感心しておりました。近いうちに論文に掲載されるので、検索をお願いします。


c0018010_9374654.jpg
研究論文は、2本書きました。雑誌などへの寄稿も相変わらずコンスタントにやっております。紀要に連載したのが10回を超えますので、これを何とか本にまとめたいと考えております。


c0018010_9381246.jpg
さて、新年は久しぶりに国内におりました。水戸の名所八幡宮に初詣に行ってきました。その帰りに、デパートの初売りにも寄ってみました。意外に多かったのでビックリ。今年もよろしくお願い致します。最後に国宝(?)の本殿もアップしました。ご笑覧下さい。
[PR]

# by kogaj | 2017-01-03 09:38 | 日記

合宿で広島へ


c0018010_7582311.jpg
ゼミ合宿で広島へ行った。ゼミ員を入れて総勢17人。原爆を中心とする平和学習と、余暇の時間を利用して厳島神宮を訪問した。私にとって、大学時代に訪問して以来約40年ぶり。そう大きくは変わっていなかったような印象だった。
[PR]

# by kogaj | 2016-10-06 22:45 | 大学

驚きの教会


c0018010_9251987.jpg先日最近お目に掛かっていない先輩から連絡をいただいた。「夢に中にでてきた」、「片目をつぶっていた」ということであった。ウィンクしていたのか、それとも悲壮な顔をしていたのか。ブログを中断しているといろいろ心配をいただける。5月のパリ訪問の続きを書きましょう。


c0018010_9262255.jpgパリ滞在中に一番驚いたのは、たまたま、入ってみた教会に、私の通った中高の校名を冠にしている聖人の石像やステンドグラスが陳列されていたことである。聖人の名前を冠にした修道会があるのだが、このカトリック教会は、そことは関係ないようだ。


c0018010_9271317.jpgリュクサンブール公園の北、ルーブル美術館からセーヌ川を渡り、10分ほど歩いたところにあるサン・シェルビス教会である。かなり大きい。ここにあるパイプオルガンは世界最大級だとか。聖人のステンドグラス、石像などは、正面の入り口から入って右側に陳列されている。


c0018010_9275489.jpgフランス語でその偉業をたたえる文書も置かれている。学校教育の基礎をスタートさせた初の牧師ということである。高校を卒業後、既に40年超経過したが、こうした教会があるとは耳にしたこともなかった。それだけに驚きである。同窓生にも教えたいと思う。


c0018010_933365.jpg教会を見学して、外に出ると、目の前に巨大な噴水があった。その右側には、詩人のアポリネールの名前を取ったアポリネール通りがあった。パリは、こうした遺物の宝庫である。
[PR]

# by kogaj | 2016-10-02 09:28 | 国際

アントワネットのいた牢屋

パリから帰国して大分経った。今回の訪仏で記憶に鮮明に残ったのが、フランス革命でギロチンに送られた悲劇の王妃といわれるマリーアントワネットが最後に滞在した監獄である、革命裁判所の別名のあるノートルダム寺院の近くのコンセルジェである。現在は、最高裁判所とか。
c0018010_22264722.jpg

ルーブル美術館側からシテ島への橋を渡ったところにそれはあった。ノートルダム寺院の入場券と一緒というので入ってみた。そしたらアントワネットが最後にいた専用の部屋があるというの本当に驚いた。さっそく、行ってみた。石造りの建物の中をぐるぐる歩くと、確かにたどり着いた。
c0018010_22272947.jpg

 広さは、10数畳程度か。明かり取りの窓は小さくかなり暗い。警護する兵士2人の向こう側に、王妃の人形が椅子に座っていた。隣にはベッドがあり、壁には小汚いタペストリーがかかっていた。

始終監視されていたのである。何日滞在したのかは分からないが、ここでの人民裁判で死刑判決を受けて、その後、コンコルド広場に運ばれたわけである。部屋には、親族から送られたというアントワネットがギロチンにかけられる前に、飲んだ水を入れた水差しがあった。
c0018010_2228888.jpg

部屋は薄暗く、粗末なベッドが置いてあった。小さな礼拝堂と思えるような隣の部屋の階下には、裁判などの様子が描かれた絵画がいくつか展示されていた。そこから中庭に出れる出口があった。普段はそこで日光浴ができたようだ。最後の日は、そこにコンコルド広場まで輸送する馬車が待っていたのである。

翌日コンコルド広場に行った。オベリスクが経つ広場の敷き石の上に、当時の国王がギロチンにかけられた場所との金属のプレートがはめ込まれていた。右方向にシャンゼリゼ、凱旋門が見えた。
[PR]

# by kogaj | 2016-05-29 22:16 | 国際

久しぶりのパリ


c0018010_13554533.jpg
パリに来ています。久しぶりです。5階建ての建物の屋根裏のアパルトマンです。エレベーターも狭い狭い。でも部屋は広く快適です。トイレなどを含めて全部で20畳程度はあるかな。1日1万円くらいだからまあ、いいかな。

場所は、ルーブル博物館の近く。歩きで3分くらいか。窓を開けて外を見るとチュールリー公園が見えます。50メートルくらいか。

起き抜けにベランダに出たらジェット機が飛んでいて飛行機雲がみえました。パリの屋根の下の1日はまた、格別です。c0018010_13565283.jpg

[PR]

# by kogaj | 2016-04-29 13:58 | 日記

お久しぶり

先般、大学時代のゼミ生らと久しぶりに飯を食った。思い出したように時たま会っているのだが、2年ぶりくらいか。1人が、直前に体調を崩して、参加できずにとても残念。いつもの2倍くらいの量のお酒を飲んでしまった。

翌日に残ることはないのだが。
[PR]

# by kogaj | 2016-04-20 08:48 | 友人

新学期入り

前期が始まった。講義を準備で忙しい。プラス、学部案内、大学案内のほか、ガイダンスなどいろんなことをやらんとイカンからものすごく忙しい。まあ、暇よりはましかな。
[PR]

# by kogaj | 2016-04-11 23:22 | 大学

加齢だよ

カナダから帰国して1週間以上が経過した。だが、夕方になると猛烈に眠気が襲ってくる。時差ボケである。車なんぞを運転したら居眠り運転で事故を起こしてしまうだろう。怖い怖い。

先週、同じ日にカナダから帰国した学生に、時差ボケの話を切り出したら全員が解消したというではないの。加齢を強く感じた瞬間だった。回復までまだまだかかりそう。困ったことだね。
[PR]

# by kogaj | 2016-04-02 21:19 | 大学生活

新学期スタート

今週は、大学行事が盛りだくさんである。在校生、新入生ガイダンスを軸に、やらなければならないことが山ほどある。同時に振ってくるのが年度をまたいだ仕事である。大学も役所の一つだからやたらに提出すべき文書が多い。

年度が3月末で終わったのだから、年度を通じたまとめ文書の提出が迫られる。私は国際交流、学生指導など。予算関連も数本文書を提出しなければならない。これと並行して講義の準備をやることになる。ガイダンスの資料も作成する。

例年のことであるが、盆と正月が一緒にやってくる感じだ。病気になると対応ができなくなる。健康への拝領が一番大切である。
[PR]

# by kogaj | 2016-04-02 10:47 | 大学

友遠方より来る

茨城県の北部でゴルフをやるということで週末、友人が水戸を訪れた。30数年ぶりである。彼も九州出身でお互い何かと共通項がある。大阪の宝塚に住んでいるとばっかり思っていたが、単身で東京近辺にいたようである。

私に会う気になったのは、1か月ほど前に、京都に住む市会議員をしている共通の友人がぶらりと彼の家に訪ねてきたことがきっかけのようだった。何でも1時間ほど話をして旧交をあたためたと言っていたが、お茶も出さずに恐縮したと反省していた。

某財閥系企業に入社し、最近は子会社の役員を務め、それも近日中に辞めるようだ。九州に帰りたいという。最後のチャンスと思ったのかもしれない。10代の頃に寝食を共にした友人だから、30数年ぶりに会ってもさほど違和感はない。

もっともお互いに歳はとった。お酒を2時間ほど一緒にして、JRの特急で帰って行った。次回会うのは何時だろうか。
[PR]

# by kogaj | 2016-03-27 20:02 | 友人

トロント

日本を3月13日に旅立って1週間が経過しました。現在、カナダのトロント。快晴で抜けるような青空、気温1度、とても寒い。米国のテキサス州オースチンを皮切りに、3都市を訪れました。私の定年が近い将来来るので、最後の訪問かな、などと思いながら過ごしています。

いつもの訪問と違うのは、トロントに雪がないこと。より北方のモントリオールも積もっていなかった。温暖化を強く意識しました。今回のトロント訪問ではいろいろあって、雑用をこなしました。

違法行為をやったわけではありませんが、地元の警察官と2時間近く話をしてました。もちろん英語です。Canadian Hospitalityを感じました。なかなかいい旅行でした。

ホテルのすぐ隣に札幌ラーメンがあるというので、どれどれと見に行きました。山頭火とアルファベットで書いてありしたね。思いもよらず、いろんな都市に進出しているのですね。

訪問前にNYT紙で米オースチンの食べ物紹介で、ラーメン屋が登場しておりました。うちの親戚らとともに行ってみました。30畳くらいの広さの店内のテーブルはお客さんで一杯。NYT紙に紹介されるだけあるなあ、と感激しました。

味はトンコツ、3人とも九州出身なので、美味い美味いと声をあげながら食ってました。チップ入れて30ドル超。まあまあの感じではないですね。
[PR]

# by kogaj | 2016-03-21 06:38 | 国際

明日から北米へ

明日からカナダ・米国へ行ってきます。協定校への訪問などの関係です。今年度は海外に頻繁に行きましたな。来年度は、急に減りそうで、こちらもニンマリ。

重い荷物を持って狭い座席に長時間押し込められるのは大変ですからね。せめてビジネスと思うのだが、国立大の予算では無理。私立でもそうでしょうが。寒いカナダと、既に夏の気温になっている米国南部。大変だよ。
[PR]

# by kogaj | 2016-03-12 21:06 | 大学

5年後の東京五輪で

先週、都内の病院へ大腸の検査に行ってきた。ガンの疑いがあったからである。5年前に続き検査である。腸の中の異物をすべて体外に出すのだから結構大変である。前日からの食事制限などを通じて、空っぽにした後に、検査した。

5年前に比べて格段に楽になった。医者は、30分くらい検査していたが、結論から言うと何もなし。ポリープくらいはあるのだろうと思っていたがそれもなし。健康そのものとのお墨付きを得た。医者に5年後の五輪の時にまた検査に来てください、と言われた。ウシシシシ。
[PR]

# by kogaj | 2016-03-11 23:45 | 健康

九州へ

地域ジャーナリズムの研究で九州を訪問する。メディア界では、冬型の気圧配置でも聞かれる西高東低と言われる現象がある。旧来メディアの代表である新聞が、西=九州で比較的強く、東が弱い=低い、という現象である。

部数減が続く新聞界で、九州のメディアはどうなのか。どっこい、頑張っているのか。この辺を調べてくる。
[PR]

# by kogaj | 2016-03-02 07:41 | ジャーナリズム

地域ジャーナリズムの研究


c0018010_735356.jpg最近地域ジャーナリズムについて調べている。今週は、その関係で九州を訪問する。どんなことが聞けるのか。論文は、400字詰め原稿用紙で、既に、120枚ほど書いた。今週の調査を終えた分を加えて、150枚くらいになるかな。

2月中旬は、つくば市へ新生常陽新聞を訪問した。3年ほど前に廃刊になったのだが、都内の投資家が買い取り、2年前から立て直しに入っている。斜陽産業と言われる新聞業界だが、本当に斜陽なのか。それを見極めた論文を執筆している。

キーワードはハイパーローカルである。米国で投資の神様と言われているウォーレン・バフェットが4年ほど前から米国の地方紙を買収し続けている。100紙を超えたとか。彼によると、地位メディアは、ビジネスになるというのである。斜陽論にくみするものではない。

ただし、ビジネスになるのには、条件がある。それがハイパーローカルというのである。新生常陽新聞もハイパーローカルを目指している。

常陽新聞の社長と話をしていて気付いたのは、新聞で最優先されるのが紙面だと思っていないのである。10年先に紙面があるとは思っていない。これには目からうろこが落ちるようだった。2週間ほど前に、英国の高級紙インディペンデント紙が廃刊した。

社長は、「紙を止めれば新聞は生き残るということですよ」とドライである。私がドライと感じるのは、旧来メディア出身だからと言ってよいだろう。
[PR]

# by kogaj | 2016-02-29 19:00 | ジャーナリズム

偕楽園へ

c0018010_16511219.jpg

快晴に恵まれ、満開に近いというので近くの偕楽園へ足を伸ばした。日本3大梅園に数えられるとあって人では上々。お弁当を広げて、花見を楽しんだ。

もっとも梅というのは、桜ほど華々しくない。気温は、10度を越したとはいえ、千波湖から吹き上げてくる風はなお、冬の寒さである。私は、ビールと日本酒を少々いただいて花見としゃれ込んだ。隣の家族連れのおやじは、たばこをふかして、周囲の憤激を買っていた。

水戸の名所とあって、少し歩くと、水戸黄門と梅大使に出会った。昨年は私のゼミ生が選ばれたのであるが、既に別人が写真に納まっていた。それでもやはり華やかな感じでしたね。
c0018010_16501374.jpg

[PR]

# by kogaj | 2016-02-28 16:50 | 日記

米国へ

学生の引率で本日から米国へ行ってきます。NY、ワシントン経由で21日に帰国予定です。23日は学会関係の会議があります。
[PR]

# by kogaj | 2015-09-06 08:21 | 大学

エストニア・タリン再訪


c0018010_7471248.jpg夏休みを利用して、エストニアのタリンを訪問した。約20年ぶりである。当時は、社会主義から移行したばかり。にもかかわらず、「綺麗な国だな」との印象が残っていた。


c0018010_7475488.jpg今回の訪問では、劇的な変化を確認した。市場主義経済への移行の成功例といえるのではないか。エストニアのIT国家は有名である。Wifiを発明したのもエストニア、国のかなりの割合がIT化していると聞いてことがある。

選挙の投票もそうだから、押して知るべしだろう。20年前に観光したいなあと思っても入れなかった寺院などにも入ることができた。バザールもなかなかのもんだった。


観光客の多さに驚いた。ドイツなど近隣欧州圏からが多いようだが、我がアジアの同胞の韓国、中国からの訪問団もみられた。爆買いは、やはりすごいようで、税金の還付所で、1000ユーロ以上の還付を受けている中国人を目の当たりにした。


100万円以上は、買っているということである。20年前に20代だったというガイドさんと話をした。良い方向に変わったねと話したら喜んでいた。前回、寂しいカフェでビールを飲んだ記憶のあるお店は、宝石を中心とした超高級な土産物屋に変わっていたね。

花屋が多かったのには、驚き、オドロキました。
c0018010_749546.jpg
日本のシェフのラーメン屋もあった。比較的良好な味だった。
c0018010_7512849.jpg
[PR]

# by kogaj | 2015-08-30 07:51 | 日記

ゼミ打ち上げ


c0018010_643558.jpg昨日はゼミの最終日。講義の終了後に市内の繁華街に繰り出して打ち上げを挙行した。8、9月とさみだれ的に米国とスペインへ留学に出かけるゼミ員が2人いた。帰国は来年5月以降である。この2人の送別会も兼ねた。

驚いたことに、都内の大学との間で、毎月ゼミ同士の交流を続けているのであるが、そのうちの法政大学の2人が「送別会」ということで、合流してくれた。あり難い限りである。ゼミ員たちも他大学の交流の大切さを身を以て気づいてくれたであろう。

経団連系の大手が、8月1日から就職面接解禁日ということで、早々と退散するゼミ生もいた。私のゼミ員はマスコミ志望が多いので、これには含まれていない。もっとも、2日に大手紙の試験が予定されている。

大学は、来週が前期の試験日。10日の週から本格的な夏休みに入る。9月末までゼミ員の顔を一堂で見ることもない。
[PR]

# by kogaj | 2015-08-01 06:39 | ゼミ生

夏休みへ

大学の講義もあと2週間を残すのみとなった。慌ただしい感じである。
[PR]

# by kogaj | 2015-07-19 12:01 | 大学

ゼミ員の投稿

東京新聞にゼミ員が投書を寄せていた。聞いてみると以前にも掲載されたことがあるようだ。沖縄の問題についての意見である。文章を書けば、考えるようになる。そういう意味からも投稿はゼミ生に進めようと考えている。
[PR]

# by kogaj | 2015-03-29 23:10 | 大学

卒業式&学位授与式

ついに卒業式。ゼミは2年間の短い時間だったが、皆、頑張ってくれて論文も完成した。夕方市内のホテルで謝恩会が挙行された。最後に花束をいただいた。つぼみだった百合が今日は咲いてとても美しい。ゼミ員たちの将来を暗示しているようで、とても嬉しい。
c0018010_20102738.jpg

[PR]

# by kogaj | 2015-03-29 20:10 | 大学

ナイアガラの滝訪問

c0018010_19563089.jpgc0018010_19565570.jpgc0018010_19573814.jpgc0018010_19571944.jpg
トロントに立ち寄り、ナイアガラの滝を見学した。あいにく曇り。時々小雨。冬としては暖かい気候のためか霧が出ている。ナイアガラの滝の様子もあまり見えない。うっすらとかすんでいるほうが現実が見えないので良いのかも。

学生らは初めて来たナイアガラの滝に感激。あたりに轟きわたる轟音にも心が奪われていたようである。短時間であったら歓楽街を歩き回り、観光地のひと時を楽しんだ。写真は、アップロードできない環境なので後日入力します。
[PR]

# by kogaj | 2015-03-15 21:46 | 大学

一転、暖冬のモントリオール


c0018010_1873937.jpg
10日夕にカナダ・モントリオール入りした。大学の関係である。昨日は、先方の大学の関係者と面談し、1時間以上話をした。久しぶりに長い英語の会話で、当方がリスニングに弱いこともあって少々頭が痛くなった。本学の外国人教員と話をしても30分を超えることはほとんどない。

以前の会社の特派員時代は、山のような英語の記事を毎日読んだ。この時も、頭が痛くなったことがある。脳が拒否反応を示しているのか。今も英語を学生に教えているが、こんなことはあまりないね。

モントリオールは、先週まで最高気温がマイナス5度前後の寒い日が続いていたようである。「いい時期に来たね」とカナダ人から声をかけられる。水戸は、モントリオールほどは寒くないから、答えるすべがない。

キャンパスのあちこちにまだ雪が残っている。2-3日前からの暖かい日でかなりの雪が解けたようである。高層の建築物の下を歩くときは、雪の塊が屋根の上からどっさり降ってくる。気をつけなけらばなりませんね。
[PR]

# by kogaj | 2015-03-12 18:02 | 大学

追いコン

 2年生の仕切りで、追いコンを実施した。午後7時スタート、10時ごろまでには終了した。5人のうち4人が参加は欠席でした。2年生が企画、3年生も意欲的だった。
[PR]

# by kogaj | 2015-02-15 12:42 | ゼミ生

さぶちゃんラーメン


c0018010_1483488.jpg今から30年くらい前に良く行った神田のラーメン屋を覗いてきた。当時はいつ行っても10人以上が列をなしていた。20分くらい待つのがふつう。ここ数年行っていないので、つぶれたかなと思っていたらあった。正午前というのに1人が並んでいた。

当時は、半チャン・ラーメンが人気。正確な値段は忘れたが、格安だったのを憶えている。近くに日大、専修大、明治大などがあるので、学生が客筋だった。先日訪れた時は、客はほとんどが私と同年代の年寄り。懐かしさできているのかなあと考え込んでしまった。

店内は、3畳くらい。カウンターで7人が座れる。外で待つのは当然と言えよう。カウンターの中に親父がいてラーメンを調理してくれる。病み上がりのようで体調が心配された。若者が一人いて集金などで手伝っている。

 味はどうだったか。往年の味はないような印象。麺もやや伸びた感じ。数年前に一度来た時に、しょっぱくなったなあと感じたことがあった。今回は、それはなかった。お代は、半チャンラーメンで750円。本学の前に大興園という中華がある。そちらの方が安い感じだね。味も本学御用達に軍配。
c0018010_1411435.jpg

ラーメンだけでは、600円。厚さ8ミリくらいの分厚いチャーシューが乗っていた。シナチクはかつてと同様美味しかった。次回はいつ来るだろうか。私の年齢を考えるともうないかもしれんね。写真を撮ったけどぶれてしまったなあ。もう一つの写真は、神田神保町のすずらん通り。40年くらい前は良く行ったなあ。
[PR]

# by kogaj | 2015-02-11 13:49 | グルメ

新聞への投稿

先日、本学の学生が某全国紙の投書欄に投稿していた。トップに掲載されていた。イスラム国の人質になって処刑された後藤さんなどに対する「自己責任論」への反論である。自己責任論は、こうした紛争地帯へのジャーナリストがトラブルになった時に良くある議論である。

国家が何のために国民のためにあるのか。ジャーナリストの使命は何なのかなどを考えると、自ずとその回答は出てくるのではないだろうか。
[PR]

# by kogaj | 2015-02-04 07:02 | ジャーナリズム