今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

昔ながらの中華そば

一服感は確かにあるのだが、世の中の即席ラーメンの進化は、相変わらず続いている。特に、カップめんの方に企業の力点はあるようだ。あちらの方が単価が張るから当然と言えば当然である。そういう意味では、袋めんはそんなに新しいのが出ない。中華三昧などが最後だろうか。

即席めんにお世話になっていることが大の私が最初に挙げたいのがこの「昔ながら・・・」である。東洋水産、5個入り、300円前後で購入することが多い。なぜ、好きなのか。麺のうまさ、スープの美味しさにある。横町の人気ラーメン店に勝るとも劣らないといったら大袈裟と笑われるだろうか。

それぐらいの高い評価を与えている。難点は、置いている店があまりないこと、それに5袋入りで350円程度のスーパーが多いことか。値段が高いと買う気がしないのは、私が吝嗇なためだろう。

次に挙げたいのが、衆目が一致するサンヨー食品の「サッポロラーメンしょうゆ味」。これも捨てがたい。油で揚げた麺なのに結構うまい。とき卵を入れれば絶品となる。中高の頃は、これにご飯をぶち込んで食っていたような気がする。

いや、あの時は、マルタイの豚骨か。九州では、このマルタイがなかなか人気がある。関東では手に入らないのが残念だ。即席めんは、地域性が結構あるようだ。例えば、私が小学生の頃に食べて「これはいける」と思った「ホンコン焼きそば」は、今は、北海道でしか売られていないようだ。
[PR]

by kogaj | 2009-08-27 11:24 | グルメ
<< イン・マイ・ライフ 缶コーヒー >>