冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「注告」⇒「忠告」

本学には図書館がいくつかある。私の出身大学にも、その学部ごとに図書館があった。本があるかといえば、十分とは言えない。週刊誌、月刊誌はもちろん、新聞も漏れがある。非常勤講師をやっていた大学の方が図書館は充実していた。

学部の図書館はそうでもないが、本部の図書館は、職員だけがなぜか多い。それ以上に気になるのが、学生の図書館でのマナーだ。ウルサイ。この一言に尽きる。先日の学部の図書館でもそうだった。学生が数人、同じテーブルに座って雑誌などを読んでいる。

小さな声で話し続けている。5分経過してお話を続けている。10分経っても止めない。15分経過しても変わらないので、ついに行動を開始した。「図書館では静かにしよう」と一枚の紙にサインペンで書いて突き出した。その瞬間から会話は止まった。

本学の学生のいいところは、こういう風に反応が良いし、まさに良識あるよき市民なのである。ここは私も誇れる。30分くらいして学生らは退散した。その際に、一枚の紙を差し出した。「ご注告ありがとうございます」と書いてあった。

ウ~ん、いかんなあ。字が間違っている。「注告」ではない。「忠告」だよ。間違いを正してあげようと、跡を追ったが姿はもう見えなかった。
[PR]

by kogaj | 2009-09-02 11:01 | 大学
<< ニュースに見る国際問題 出版不況 >>