大学院に合格

私のゼミ生が東大の大学院に合格した。立派なものである。社会人の大学院の入学はさほど難しくないのだが、学生だと、結構、難しい。凄い!オメデトウ、よくやったね。たぶん、本人の茨城大学の成績がかなり良かったのだろう。

私の学生の頃も大学院は難しかった。成績が良くないと、まず無理だし、大学院に入っても将来性がない。だから、ハナあきらめていた。成績が良かったら、行ってもよかったか。でも、家が貧乏だったから、その可能性もなかったなあ。所詮、高嶺の花さ。そんな感じだった。

ゼミ生の友人の1人がこれを目指した。キ真面目なヤツだった。教官は好意的だった印象があまりない。そうした背景があったのか同課は不明だg、結局、ギブアップ。普通の財閥系の企業に入った。失意かどうかはよく分からない。

合格したゼミ生によると、東大の面接を受けた時、面接官の対応がいまいちで、本人は不合格を確信していたようだ。今から思い返すと、既に、合格が決定していて、あまり聞くこともなかったのではないのか。そんな気がする。

これからは、一生懸命勉強して、日本のアカデミズムを引っ張るような学者になってもらいたいものである。もっとも、本人は、マスコミ界に入りたいとの声も耳にはいるが。
[PR]
by kogaj | 2009-09-10 22:58 | 大学

水戸・偕楽園にて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31