今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

科研費

政府から提供される大学の研究費のことである。自分の研究を文部科学省に申請、向こうが研究費を出すに値すると認定したプロジェクトに出して資金が拠出されるシステムである。打率はどの程度だろうか。2-3割か。

ご存じのように国立大学の研究費は極めて少ない。私はあと3万円しかない。別にたいしたものを買ったわけでもない。最近は、自分のポケットマネーから出すことが多い。学者は金持ちでないとなれない、と言われた時代もあった。留学のことなどを考えるとそうかもしれないな。

その科研費を請求するためここ2週間、結構大変な思いをしている。先週まで大学の紀要用の論文があったがこれが終了。今、科研費用の論文に力を入れている。電子申請なので、私のようなIT音痴にとっては、大変である。

心優しい総務のIさんが一式をコピー私に手渡してくれた。これが結構威力を発揮している。8割がた完成した。あとは、電子入力のみ。これもおおごとになければいいが。あとは、授業、ゼミの用意、大学院もあるしね。英語はなんとかなるが、専門、大学の講義が結構難題。

これより大変そうなのが、県民大学講座。7日に初の授業がある。30代から70代までの20数人。ゼミ形式になるのであるが、特派員から10数年、国際情勢に疎くなって今、どこまで講義できることやら。全力でこなすしかないね。

お酒も断ち、飯は、用意を含めて長くて30分。睡眠時間は6時間は取っているだろうか。新米教師はたいへんだ。
[PR]

by kogaj | 2009-10-03 09:58 | 大学
<< 生協に加入 友愛か博愛か >>