冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盲点

数ヶ月前に耳鳴りがすると書いた。先日、ネットで耳鳴りを検索していたら、「脳腫瘍の可能性もあるので大事を取って早く病院で診てもらおう!」との記述があった。別に腫瘍とは思わないが取り合えず、近所の病院に行っててみた。

幸運にも誰も病院には患者はおらず、直ぐ診察してくれた。とりあえず、耳の検査。狭い静かな部屋に閉じ込められた。耳にヘッドホンを当て、ガーピー、ガーピー。いろんな音を聞かされた。結論からいえば、何でもなかった。「ホッ!!」

医者によると、年を取る、いわるる加齢で、耳の聞こえる機能をつかさどる三半規管の機能が一部が低下するようだ。これでアンバランスが生じ、その結果、静かな「キーン」という静かな音がするそうだ。私の症状を説明すると、それは、耳鳴りではない、と一刀両断にバッサリ。そんな診断を下してくれた。

以前も診察したことがあるが、このお医者さんは、なかなかの好感を持てる人である。かなり詳しく説明してくれた。近くの内科とは大違い。耳鳴りは、まあ、気にすると、どうしようもないから、気にしない、気にしない。帰り際に、インフルエンザにかかったら処方してくれるのか、と質問した。タミフルはあるそうだ。その代わり、事前に連絡を、と念を押された。

なぜ、こんな質問をしたかというと、最近の流行で、内科が異様に混んでいるとの話を聞いたらである。耳鼻科だったら盲点だろうねえ。
[PR]

by kogaj | 2009-10-30 19:13 | 日記
<< ナスカの地上絵 爆睡 >>