今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

失礼しました

今週は、異様に忙しくてブログが更新できませんでした。話題がなかったというより、時間がなかったのですね。本日も土曜日ながら、大学に行きましたぜ。それも朝7時半から。推薦入学試験というのがありました。本学部で250人弱の高校生がこれにチャレンジ。倍率は、4-5倍の模様です。

その予備室の監督委員と採点委員というのを仰せつかりました。予備室というのは、受験生のうちで風邪などにかかり、体調はすぐれないものの受験の意欲のある学生を収容する部屋。そこのカントクである。スタート時は誰もいなかった。だが、20分後くらいに女学生が1人入ってきた。

最終的にここで小論文に挑戦してくれた。始終、ゴホゴホ、とむせていた。こちらは、数メートル離れて受験を見守った。インフルエンザではないと思うが、果たしてどうなのだろうか。風邪あるいは、インフルエンザにかかったとしたら労災だよね。大学に責任を取ってもらおう。

終わると、今度は採点。小論文ということであったが実際は、国語の試験である。○×でないので、論文というのか。これは論文ではないよ。出題者が回答を用意してくれて、それに準じて点数をつけるのかと思いきや、そうではない。採点者が答えを自分で考えて採点する。こんなもんでいいのかね、とやや疑問を持った。

試験論文自体も、内容が試験に相応しいのかなとこれも不安になったのであるが、回答は、それなりに出るので、よしということらしい。こちらも甘めに付けた。出題者は、真剣度が足りないなあと思うことしきり。これで、出題した問題に過誤があったらどうするの。受験生ひとりひとりに土下座して謝るべきであるね。
[PR]

by kogaj | 2009-11-21 18:08 | 大学
<< 中間発表 晩飯 >>