冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

さつま懐石

先日、友人ら3人で繁華街で食事をした。初めてのところだったのでやや迷ってしまって定刻より10分強遅れで到着。友人らは既に席についていた。そのうちの一人は、既に1時間前から飲んでいたという。

双方、医者で、土曜日は、会合で忙しいようだ。確かに、お医者さんは、ウィークデーは、患者の診察で多忙だから、その日になるのであろう。うち1人は、アルツハイマーなどいわゆる介護関係の権威。それが今回、食事を共にしたことで初めて分かった。


薩摩料理の店だった。どんな味だろうと興味津津だったが、結構、いい味。京都の料理のようであった。皆さんがご存じかどうか知らないが、鹿児島の醤油は、関東に比べて、甘い。刺身を食べると、甘さとワサビのあの味が混在して、何とも言えない味を醸し出す。

調理もそうだろうと思っていたのであるが、そうでもなかった。しっかりした味だった。メインディシュがなかなか良かった。あれは、岩塩だろうなあ。塩をお鍋の蓋のように固めて、それが料理の上に乗った皿が出てきた。

その蓋を木の小槌で割ると中から料理が飛び出して来た。焼酎もあったが、日本酒を飲む。八海山だといっていた。お高い、お酒だわさ。噂話に花を咲かせるうちに夜は暮れて行った。
[PR]

by kogaj | 2010-03-04 23:20 | グルメ
<< 寒いビストロ・デ・タコ 67キロ >>