嬉しいお客

先日、突然のお客さんがあった。本学の学生である。マスコミを目指しているということで個人的に文章などを1年前からしていたのである。その学生が今回、某広告会社に内定したとの連絡であった。

倍率は100倍程度だったようだ。こんな不況で厳しい折に良く通った。エライ。実は、最初に私の研究室に来た時に、ニコリともしない学生だった。「これでは駄目だ」と思い、「ニコニコするようにしたら」とアドバイスした。

そうしたらそれ以降、いつもニコニコするようになった。受ける印象、感じが一変した。完全に、別人になった。ここまで変身できるのは凄い。就職の面接で「上手く行くのでは」と大いなる期待をその瞬間から持った。そして今、それが実現した。私もとても嬉しい。

就職との関連で学生と接していて分かったことが1つある。ガッツのある学生が最終的に勝利するのではないかということである。ネバーギブアップ。へこたれず、何度でも挑戦する。私の厳しい指導にも弱音を吐かない。どこまでも食らいついてくる。これがまさに大事である。
[PR]
by kogaj | 2010-07-17 05:27 | 大学

水戸・偕楽園にて