夏休み入りの古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

台風一過の月

水戸の朝は大変だった。結構な風が吹いていた。我が家は、おんぼろ官舎の5階。周辺からするとこの官舎が一段高台にあるから建物にすれば8階くらいか。だから、風がとても強い。窓につけたプラスチック製の板がいつ飛んでしまうかハラハラしていた。

収まったのは昼ごろだっただろうか。太陽も顔をのぞかせた。青空も見える。とは言え、空のうちの7割がたは雲だった。ところがである。先ほど外に出たら、満月を少し過ぎた月がまぶしい。煌煌と光っていた。

台風の風が濁った空気を吹き飛ばしてくれたのか、月の色と背景の真黒な空がいい感じのコントラストを成してなかなかいい。正岡子規が絶命した時に、看病で隣の部屋に高濱虚子がいた。臨終を見届け、外にでると未明の快晴の空に月が輝いていた。

その月に向かって何かがゆっくり昇っていくような気がした、と何かの覚書に書いていた。その明け方の月もこんな感じだったのかなあ。そんなことを感じた夜であった。
[PR]

by kogaj | 2010-09-25 21:16 | 日記
<< ハワイの思い出 ウニの棘:宍戸 そろそろ >>