今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NASAにがっかり 川代

そういえば、先日NASAが「宇宙生物学上の新発見」として全世界生中継で会見を行っていました。会見の前から大々的に予告されていたからか、周りでは「ついに宇宙人発見か!?」とか「期待せずにはいられない」とかいった声が聞こえていました。もちろん、「期待するだけ無駄。どうせ大した発見はない。」とそれほどの期待を持たない人も同様にいました。

私はというと「期待している」人間の一人で、あわよくば宇宙人との接触、対話などが見れるのではないかと胸が期待で膨らみ、会見当日リアルタイムで歴史的瞬間を見ようとパソコンの画面に張り付いていました。

日本時間午前4時。本来なら皆が寝静まっているころ、NASAの会見が始まりました。その会見はインターネットを介して全世界で同時に見ることができ、私もその一人でした。眠い目をこすりながら、しかし胸の高まりも抑えることもできず、午前四時。

会見の内容は正直、私の期待していたものとは違いました。一般市民にとっては私と同様に「がっかり」という感想を持つ人が多いのではないでしょうか。なんでも、ヒ素を利用して生きる細菌が地球上で発見された、とか何とか。さっぱりです。

私の期待は見事に裏切られたのですが、この会見を通して唯一驚いたこと。(NASAの会見の内容は全く持ってちんぷんかんぷんでした)それは、インターネットを通じて会見をリアルタイムで視聴していた人数が一万人を超える数字だったという事。


c0018010_1031931.jpg午前4時にこれほどの人数がパソコンの画面の前に張り付いている、驚くべきことです。午前4時といったらまだ外は暗く静かで、音と言ったら新聞配達のバイクの音くらいしかしないような時間帯です。そんな時間に1万人を超える日本人が生中継を見ている!皆、SFが好きなんでしょうね。夢がありますから。

ちなみに、次の日の日中にインターネットで生配信されていた菅首相の会見。視聴者は1000人もいなかった、という話を聞きました。宇宙は気にしても、自分の住んでいる日本のことはあまり気にしていないみたいですね。
[PR]

by kogaj | 2010-12-11 10:25 | ゼミ生
<< いい刺激  都築 過酷な冬のサンダル生活 川代 >>