今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本の底力

寒波が急襲した日本列島。茨城もこの例にもれず、日曜日は雪が結構積もっていた。朝、5時に起床、窓から下界を眺めると、白一色。数センチは積もっている感触。公共交通機関はストップしているはずだから、徒歩で大学へ行くことを決めた。

その工程約1時間。7時に家を出る。国道沿いに出ると、バスが動いているではないの。ホットしたぜ。停留所で待つこと10分。大学行きのバスが来た。ラッキー!他の先生も乗ってこられ、談笑しながら大学へ。

7時40分くらいに到着。集合時間は8時だから、間に合った。本学は、筑波など遠方から来ている先生も多いし、常磐線などを使われている職員も結構いるので、まあ、集合時間に来るのは半分程度だろう、などとタカをくくっていた。

ところがである。集合する部屋に足を入れると、何と! 人でいっぱい、熱気がムンムンするほどだ。いやあ、驚いた。ほとんどが集結している。これはいったい何だろう。使命感なのか。いろいろ言われているが、大学の教員も捨てたもんではない。いや、立派だな。いまさらながら見直したぜ。

テレビ、ラジオでは、高速道が雪で渋滞しているという。どうやってきたのだろう。前日から泊まり込んだという先生もいた。センター試験は、定刻にスタート、私の担当の試験場では、受験生は誰も遅れなかった。日本もまだまだ、底力がある。心底それを実感した。
[PR]

by kogaj | 2011-01-17 09:02 | 大学
<< ある中学校の朝のお話   榊原 あとわずか  アリドメ >>