入学試験

本日は前期の入学試験。大学にとって入試は一大事業である。いい人材を確保できるかどうかの分岐点でもある。学内の先生は総出でこの作業に当たる。事務官がやればいいじゃないか、という人もいるだろう。

だが、その数が凄く少ない。例えば、私の人文学部で10人いるだろうか。最近は、派遣さんに頼っていることも多い。だから、教師が駆り出されるのである。もっとも採点などはまあ、むずかしいのだろうが。

いずれにしろ、手弁当で早朝から深夜までかかりきりとなる。もちろん事務官の方も全員駆り出されるのであるが、
[PR]

by kogaj | 2011-02-25 13:26 | 大学