我がゼミ生は全員無事 


大学側から昨夜ゼミ生の安否を確認するよう指令が来た。もちろん今回の大地震に伴うやつだ。直後に被災地出身の学生に連絡を取ったら、海外にいることが判明。ほっとした。自宅にいたらどうなったか。最悪の事態につながったかもね。

安否確認を発生直後にするなら分かるが、1週間経過してというのは、いかにも大学らしい。スピード感が要求される企業と違うところである。それはいいとして、3-4年生の計10人に夕刻電子メイルを配信した。

驚くべきことに、1人を除いて9人が瞬時に返事をくれた。この反応には驚いた。我がゼミ生は、フットワークがいいぜ。直後に、「1人を除く9人の全員無事が確認された」との電子メイルを改めて送付した。するとおっとり刀で残る1人からも連絡がきた。これで10人無事。メデタシ、メデタシである。

新学期にゼミ入りする2年生も確認しろ、ということなので改めて4人に確認メイルを出した。することこの4人の安全もあっという間に判明した。撃てば響く、電光石火とは良くいったものだ。これくらい対応が早ければ、会社に入っても問題ない。将来が期待される。それにしても皆、傷一つなく、まさに、幸運であったのう。
[PR]

by kogaj | 2011-03-18 15:56 | ゼミ生