もうすぐ夏休み 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

卒業式が中止


大地震のため本学は23日に予定している全学の卒業式をやらないことになった。毎年使っている大学近くの武道館が使えないためである。正確なことは分からないが、地震で不具合が生じているのだろうか。

これに代わって学部で学位授与式なるものを挙行する。これは例年やっていることだ。学位と卒業証書が一式となったキットを手渡す。終了後にキャンパスで写真を撮り合う。私もカメラを持参し、ゼミ生の姿を撮影しようと考えている。

学生主催の恒例の謝恩会もやらないことになった。入学式もやるかどうはまだ未定のようである。私が担当のガイダンスも日程がまだ、動いている。やるのか、やらないのか。早く決めてほしいものである。

思えば、38年前、私が大学に入った時は、入学式なるものがなかった。60年代末から猛威をふるった大学紛争の余波もあって当時は、出来るような状況でなかったのである。卒業式もしかり。学部で学部長の挨拶を聞いた後に教務課で卒業証書を受け取り、それで終わりだった。下宿に戻り、ひとりになり、とてもさびしかったのを覚えている。

学位授与式には果たして何人の学生が出席するのだろう。都内では動いているJRの常磐線は松戸以北は、依然として止まったままのようだ。何でも水戸駅の南口と北口を結ぶターミナルの高架が通行止めとか。線路も曲がっているとの話を聞いた。地震の傷跡は、実はいろんなところにまだ残っている。

昨晩も結構大きな地震があった。棚に収納した本がまたしても飛び出し、床に散乱した。右手に持っていたカップから揺れでコーヒーが机の上に広げていた本の上にこぼれ、あわてて拭くというへまをしでかした。2度あることは確かに3度あった。本は、片付けるのを当分止めて、床に積んでおこうかと思い直している。

あと2週間で授業が始まる。まだ、それに対応できる態勢になったいないのが本学である。震度7に見舞われた東北大学は本学に輪を掛けたような異常事態だろう。痛み入る。
[PR]

by kogaj | 2011-03-20 07:49 | 大学
<< 情はひとのためならず 第2弾 原発事故で疑問 >>