東京へのルート


後期入試を初っ端に、卒業式など大学の主要な日程が地震ため変更となっている。入学式の日取りも変わるかもしれない。ガイダンスなども同様である。なぜでしょう。そうです、JRの常磐線が動いていないのです。

東京・上野と水戸をつなぐ基幹線。これが土浦までしか動いていない。本学への通学生がどの程度か想像がつかないがたぶん、1-2割くらいはいるだろう。さらに、水戸駅のコーンコースが現在通行止め。これは本日中に再開するということである。

だが、常磐線が動いていないとは、いったいどういうことだろう。どうも、線路がぐにゃぐにゃに曲がっているという。水戸以北の勝田周辺が凄いようだ。地盤が動いたのかね。それとも断層が持ち上がったり、下がったり。

水戸の中心部にあるデパート付近も道路の舗装が破壊されいる。断層が持ち上がったり、褶曲したのか。結構な距離にわたって歩道にも段、10センチくらいかな、が出来ている。もちろん、舗装が粉々になっているところもある。地震の余波であることは間違いない。

それに1週間前から続く結構大きな余震で、この破壊が少しづつ酷くなっている。最初の地震に持ちこたえても、それに続く余震で少しづつ壊れていくのか。怖いことである。

本学は、都内から通勤している先生が少なくない。23日は学部に分かれて卒業式を挙行する。どうやって水戸まで来るのだろう。帰りも大変だ。基幹線のJRくらいは、早急に再開してもらいたいものである。
[PR]
by kogaj | 2011-03-21 09:22 | 日記

水戸・偕楽園にて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31