夏休み入りの古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

たばこの煙


「パイプの煙」というベストセラーのエッセイが私の大学時代にあった。今から40年位前かな。以前の会社の初任地の宇都宮の飲み屋街にそれを冠した喫茶店があった。よく行ったものである。今はどうかな。その話ではない。

官舎は、大勢の世帯が入居している。わが家は階上にある。夏などは窓を開けっぱなしにしているから、歓声をあげて走り回るガキらの声もよく聞こえる。この辺はまあ、仕方がないのであるが、困るのがたばこの煙、いや正確に言えば匂いだろう。

部屋の中まで匂ってくる。隣の家かそれとも下の家か。まさか、上ではないだろう。我慢できないわけではないが、住人のことを考えて吸ってほしいものであると注文を付けたくなる。昨日やはり匂ってきた。隣の家族は、夏休みで避暑にいったようだ。となると、下の家である。困るなあ。

大学は、教室などでの喫煙は禁じられている。にもかかわらず、喫煙者の部屋に入るとプ~ンと匂ってくる。それも尋常な香りではない。強烈だ。男女の違いはない。学生に示しがつかないと思うのだがね。
[PR]

by kogaj | 2011-08-10 09:01 | 日記
<< 空が泣く 訃報 >>