冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ゼミ合宿は、湯河原!


ゼミの合宿が湯河原に決定した。1985年、当時いた会社の全舷(ぜんげん、社内旅行の意味)で訪れて以来だ。全舷とは今でもマスコミで使われている用語。もともとは海軍で使われていた。軍艦が港に到着すると乗組員は、休養のため陸地に上がり骨休みする。全員が上陸して船がもぬけの殻になることを全舷上陸、半数の上陸の場合は、半舷上陸という。

マスコミでいまなお依然として、このような軍隊用語がつかわれていることに批判的な記者も少なくない。戦争責任が希薄だということである。確かに、社内制度で××局長という名前があるが、これももとはといえば官庁用語である。グループの長をキャップなどと呼ぶがこれも軍隊のキャプテン(軍曹)から来ている。
[PR]

by kogaj | 2011-08-13 10:02 | 大学
<< 卒論の発表 原編集局長 >>