薩摩隼人

男子会もあった。いわば小学校の男子版同窓会である。集まったのは、医者と、地元紙のお偉いさんになった、出世頭と私め。天文館の小料理屋に集結した。鹿児島だから焼酎を飲むのかと思っていたら、日本酒が出てきた。

なんでも、東日本地震の1年を思い出すために醸造された「絆」というブランドの日本酒。宮城県のやつだ。これを友人の一人が入手して持参した。塩釜の銘酒「浦霞」の禅に似たような味だったなあ。3人が一堂に会したのは、小学校を卒業していらいだから実に46年ぶり。違和感がまったくなかったのは、当然というべきか。

医者がよく使うお店に行ったら、その奥さんがジュースを飲んでいた。たまたまだったようだ。親父が友人を連れて突然あらわれたから驚いたようだ。ちなみに奥さんも職業婦人である。「もっといればいいのに」と水を向けたら、あわてて帰って行った。そんなもんかねえ。
[PR]

by kogaj | 2012-03-15 15:21 | 大学