夏休み入りの古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

天体望遠鏡


c0018010_963296.jpg 明日は日食。水戸では、朝7時35分ごろから始まる。天気予報を見たら、6時台は晴れ。上手く行けば金環日食が観察できる。ウフフ!! 私は実は、天体ファンなのである。太陽と月の大きさは400倍違う。地球と月の距離が太陽とのそれに比べて400分の1。

だから、上手いことに重なれば日食の現象が生じる。ただし、地球の公転面は地軸から23・5度かたむいている。だから、簡単には日食は起きない。明日はその偶然が重なる日である。生きているうちに観察したいと考えていたが、極めてラッキーなことである。

30年近く前に買った口径約8センチの天体望遠鏡を持っている。埃をかぶったそれを今朝、押し入れの中から今朝、取り出した。明日の日食のためである。晴れる可能性が出てきたからである。投影して観測することになる。完全に日食に入ったら天体望遠鏡用のサングラスを取り付けて直接見よう。ヒヒヒ!!

鹿児島で生活する前の関東に住んでいた幼い頃、当時住んでいた千葉で日食を見たうっすらとした記憶がある。母に抱きかかえられて、ガラスにろうそくの煤をつけてみたような気がする。あの時は、皆既日食ではなかったのではなかったか。でも、周りが薄暗くなったことをなんとなく覚えている。

今回はどうか。皆既日食に入ったら鳥などの動物が独特の反応をするという。それを見るのも楽しみだ。医者の友人が天体ファンで、皆既日食を追って世界中を飛び回っている。今回はどこにいるのだろうか。
[PR]

by kogaj | 2012-05-20 08:57 | 日記
<< 金環日食 他流試合 >>