もうすぐ夏休み 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

とんだ一日


c0018010_22322852.jpgとんだ一日だった。午前中は授業。午後は会議のはずだったのが、いはやは、大変だった。健康の大切さと薬の副作用の怖さを思い知った。骨の髄から。

本日は、大学の紀要用論文を提出する日としていた。ギリギリ明日まで受け付けてくれるが、まあ、1日前に出すのが私の流儀。午前中の英語の講義を済まし、最後に念のために確認。3部プリントアウトして、かかりに提出した。ここまではよかったのだが、それ以降が大変だった。

食事を済ましたころから変な感じだった。気分が急に悪くなり、ソファーに横になると、天井がゆらゆらして見える。ウ~ン、なんだろう。「意識がなくなって、このまま死ぬのか」「研究室で野垂れ死にであれば、労災になるのか」などをのんきなことを考えていた。

30分後に会議がある。出れるはずもない。まずは病院に行かねば。それまで体が持つか。最後の力を振り絞って、会議の出席者に電話し、欠席を告げた。そのまま病院へ。ふらふらする。病院に着くと、幸運なことに混んでいなかった。すぐに診察してくれた。

血圧などを見てくれたが、別段、異常もない。心電図とレントゲンを取る。お恥ずかしながら、診察室からレントゲン室まで、ふらふらして歩けず、初めて車いすに乗り、看護婦さんに誘導していただいた。歳を感じたなあ。俺も将来はこうなるんだろう。幸い、検査結果は、異常なかった。結局、食事後に飲んだ薬の副作用に落ち着きました。

そうは言われても、体調が直ぐに好転するはずもない。午後の会議は、すべて欠席し、大変失礼いたしました。先生方に、迷惑を掛けたなあ。それにしても、薬の副作用ということであれば本当に恐ろしい。

何年か前に、中国製だったんだろう、冷凍餃子を食べて、直後に気分が悪くなったことがある。中国製餃子に化学物資を意図的に混ぜていたずらをした事件が国内で問題になる半年くらい前だ。あれと同じような症状だったので、昼の食事かなあと思っていたのだが。いずれにせよ、夜にやっと回復。あの世行きももう少し先になりそうです。ご同慶の至りですな。
[PR]

by kogaj | 2012-05-24 22:28 | 日記
<< 友、遠方より来る 金環日食 >>