夏休み入りの古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

金メダルの値段


c0018010_1626143.jpg 新聞によると、昨日は、銀座で先のロンドン五輪でのメダリストたちによるパレードがあったようだ。50万人集まったとか。警視庁が調べたのか、それとも主催者の発表なのか。写真を見ると、確かにすごい。銀座にあんなに人が集まったのは見たことがない。少し前までメインストリートをほとんど毎日歩いて通勤していたからよく分かる。

金、銀、銅のメダルを胸にぶら下げて、選手たちは満面笑みをたたえていた。利用していたのが、はとバスで、その2階部分に乗った選手たちが手を振っていた。だから、オリンピック招致に向けて東京都が画策したのだろうと思っていたら、やっぱりそうだった。

選手たちによると、金銀銅で扱いにかなり差があるようだ。民放などをみていると断然金メダリストが人気だね。それにしても、あのメダルの値段は、どのくらいするのだろう。私が小学生の頃に東京オリンピックがあって、メダルを売り出した。両親は、銀と銅のメダルを買っていた。さすがに金は無理だったようだ。

先日米ビジネスウィークを読んでいたらロンドン五輪でのメダルの値段が表示されていた。いずれも重さによる計測のようだ。金メダルは、660ドル、だから5万円強。92%が銀のようだ。金は1%程度とか。銀は、325ドル。やはり、92%が銀、残りは銅のようだ。

では、銅はどうなのだろう。97%が銅のようである。値段は書いてなかった。金の高騰で、金製ということにはならないようだ。今年の初めにスイス・ローザンヌの五輪博物館を訪れた。その時に、歴代のメダルがずらりと並べてあった。

本物がどうかは確認しなかったが、初期のやつは陶器製のような印象があったなあ。
[PR]

by kogaj | 2012-08-23 22:44 | ジャーナリズム
<< にのまえ 白熊 >>