今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

同窓会

c0018010_6524661.jpg

先日、週末を利用して田舎に帰ってきた。介護施設に入っている母の見舞いがメインなのだが、小学校の時の同級生が集まってくれた。そこで即席の同窓会。とても楽しかった。同性だけの高校や大学の同窓会とはやはり趣が違う。3つ子の魂、100まで、という諺があるが、歳をとっても、人間余り変わらないものであることを実感した。

今年で80代の後半の母親は、1年前から介護施設に入っている。食事や洗濯などのほか、日常の面倒も見てくれる施設で、健常者とほとんど変わらない生活を送れるし、生活にリズムが出てくるのだろう。一人で生活してた時は、食事も余りとらなかったこともあるのだろうか。この施設は、1日3度の食事とおやつの時間などもあるため、やせ細っていた1年前に比べてかなり元気になった感じ。

あと10年は確実な感じ。100歳まで手が届きそうといっても過言ではない。長生きしてもらうのは大変結構なことなのだが、記憶の方が定かでない。同じ年代のお年寄り並みになっている。同じ話を、あるインターバルでエンドレステープのように繰り返ししゃべる。ハイハイと答えればよいだけなので、当方は別に苦痛ではないのだが、自分もあと20年もするとこんな感じになるのかなと思うと感慨深いものがある。

さて、同窓会。玄関口のJRの駅前のすし屋で挙行。なかなか素敵な感じ。銀座や六本木にもありそうな内装だ。否、今日本全国同じかもしれない。水戸にだってありそうなところだ。ITの時代だもんね。集結したのは9人。医師会の理事会があると言って9時過ぎ駆けつけてくれた地元のマスコミでも超有名人のお医者さんも。

皆、昭和20年代後半に生まれたとは思えないほどの若さ。セレブに一段と磨きの掛かったIさん。少女のようなIさん(期せずして同じイニシャル)、Tシャツ姿でも十分の貫録のK氏、ただの酔っぱらいの私。2軒目に行ったら知事がいて、日本の国政について議論、知事に国政に出たらどうかと水向けたら・・・・・・・・。

答えは・・・・。そこはさすがの酔っぱらいの私、覚えてない。議論するうちに、この前は、隣の県の知事と飲んだことを思い出した。楽しい友人らと夜は、このようにして更けていきました。
[PR]

by kogaj | 2012-10-19 04:45 | 友人
<< ゼミの同窓会 提灯記事 >>