冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

暴走首相


c0018010_617223.jpg最近、”暴走”ということばがはやりかけている。田中真紀子さんが、都知事ポストを突然放り出した石原慎太郎を、”暴走老人”と形容、本人も講演の冒頭で「暴走老人でございます」と挨拶しているとか。田中真紀子も暴走大臣といわれた。そして、昨日の突然の首相の解散宣言。「100人中100人が反対している」民主党の議員からすると、まさに”暴走首相”であったことだろう。

どんでん返しがあるか。ないとみる向きが多い。朝起きると毎朝、ネットをチェックし、英米の主要紙、放送局のホームページを閲覧しているのだが、今回の首相の決断がどう扱われているのか、気になった。どうあつかれたのか。ページのトップか、それともベタ記事か。

結論から言うと、NTY、CNN、BBC、ガーディアン紙とも掲載されていない。ページ上は無視の形だ。日本関係で大きく扱われているのは、トヨタ自動車のリコール、少し前に発表したリコールに続き、今回もかなり規模が大きい。トヨタの品質のコントロールに赤信号が出ていることを感じさせる。

お隣の国の中国、韓国のメディアはどうだろうかと探ってみた。その結果は、私も驚いた。どこも扱っていない。所詮、日本国内の話、茶碗の中の争い、としかみていないのだろうか。それは、ともかく、今の首相はいったい何を考えているのか。マニュフェストは、踏みにじるし、政治をどんなものと心得ているのだろうか。

政治家そして、マニュフェストへの信頼を滅茶苦茶にしたという自覚、そしてそれに対する責任がないだろうか。今朝の朝刊の多くは、このままでいると、民主党員による野田おろしが加速し、解散さえできない事態が来ることを予測し、その前に打って出た、という解説が多い。たぶん、そうなのだろう。

何のためにこの人は政治家になったのか。政経塾出身者にこのタイプが目立つだけに、日本の将来を危ぶんでしまう。私の教え子に今後は期待するしかないな。
[PR]

by kogaj | 2012-11-15 06:05 | 政治
<< 卒業生と懇談 総選挙が間近? >>