夏休み入りの古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

英文の履歴書

ある外国の会社を調査することになった。役員などにも会う予定である。その関連で先方から英語の履歴書を出してくれと言われた。当方の日本語の履歴書を先方が英語に翻訳してくれればとも思うのであるが、まあ、一回書いておくのもいいかと考えてて書くことにした。

もっとも初めてだからどう書けばよいのかも分からない。図書館に行って英文履歴書を借りてきた。本をめくりながら書き始めた。だが、私のケースに符合するモデルケースがない。それは当然なのかもしれない。なぜなら、経歴書を書くのは多くが職を求めた人間だからだ。

私は単に、自分のことを紹介するだけだ。そうこうするうちにアイデアがひらめいた。そういえば、先方がインタビューする人物の簡単な経歴を私に送ってくれたのを思い出した。これをまねて書けばよい。そう決めると気が楽になった。

スラスラスラ、1時間後には何とか出来上がっていた。案ずるより産みが易し、ということか。もっとも英文に誤りがなければの話であるが。
[PR]

by kogaj | 2013-04-20 19:52 | 国際
<< 久しぶりの英国 ブラック企業 >>