冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マスコミ学会


c0018010_18592021.jpg専修大学生田校舎で日本マスコミ学会の春季発表会と総会があり、出向いてきた。最寄りの駅は小田急線の向ヶ丘遊園である。学生時代に本郷の向丘地区に住んでいたことがあった。この向丘とは何ら関係はないようである。

近くに友人が住んでいる。このため途中下車して昼飯を一緒した。20年以上も前にその駅で下車したことがあったが、変貌ぶりに驚いた。駅がデパートになっていた。小田急線は、開かずの踏切が多くて、乗車するとイライラすることが多かった。

 それが今や、高架がかなり進んでいた。これだと輸送力がアップするし、高架下がモールとして使える。企業側にとってはカネのなる木になるに違いない。午後1時前に落ち合って近くで中華料理をいただく。経済界やマスコミの最近の現状について議論した。結構面白かった。

専修大学生田校舎にたどり着くと、シンポが始まったばかりであった。タイトルは、「『女性活用』といわれる時代のマスメディアとジャーナリズム」。現場の女性記者と大学の先生計6人による話し合いだった。女性記者らは私の知らないような現場の変貌ぶりを報告してくれた。

光陰矢のごとし、現場を離れて5年超経過したが、私も浦島太郎だな、と感じ入った。映像を手掛けるドキュメンタリージャーナリスとの堀川恵子さんという方がフリーの現場の話を披露してくれた。鬼気迫る話で、凄いジャーナリスとがいるもんだと感心した。

懇親会後は、向ヶ丘遊園の駅前で1時間ほど知り合いとビールを飲み、水戸へ帰宅した。


 
[PR]

by kogaj | 2014-06-01 18:49 | ジャーナリズム
<< 大当たり 地蔵院 >>