一転、暖冬のモントリオール


c0018010_1873937.jpg
10日夕にカナダ・モントリオール入りした。大学の関係である。昨日は、先方の大学の関係者と面談し、1時間以上話をした。久しぶりに長い英語の会話で、当方がリスニングに弱いこともあって少々頭が痛くなった。本学の外国人教員と話をしても30分を超えることはほとんどない。

以前の会社の特派員時代は、山のような英語の記事を毎日読んだ。この時も、頭が痛くなったことがある。脳が拒否反応を示しているのか。今も英語を学生に教えているが、こんなことはあまりないね。

モントリオールは、先週まで最高気温がマイナス5度前後の寒い日が続いていたようである。「いい時期に来たね」とカナダ人から声をかけられる。水戸は、モントリオールほどは寒くないから、答えるすべがない。

キャンパスのあちこちにまだ雪が残っている。2-3日前からの暖かい日でかなりの雪が解けたようである。高層の建築物の下を歩くときは、雪の塊が屋根の上からどっさり降ってくる。気をつけなけらばなりませんね。
[PR]
by kogaj | 2015-03-12 18:02 | 大学

水戸・偕楽園にて