カテゴリ:大学( 285 )

ゼミコンペ

昨日、本学で、立教大学とのゼミコンペを挙行した。
[PR]
by kogaj | 2013-11-17 08:51 | 大学

学園祭


c0018010_9263725.jpg 11月9、10日の両日は本学の学園祭である。学生委員長を務めている関係から昨日は大学に出て、研究室待機。閉じこもっていてもつまらんから歩いてみた。すると、教え子がいるわいるわ、やっぱ学園祭なのですね。私も中に入ってワイワイやっていた。

何時もは学生が行きかう図書館前の歩道に沿ってテントが林立している。良く見ると、中の学生がフライパンを片手に何か作っている。そう模擬店である。タコ焼き、お好み焼き、おでん、肉まん、から揚げ・・・・いろいろ打っている。8割がたが食い物の売買である。

 思えば、40年前に学生だった私も学園祭ではいろいろやったなあ。ゼミとしての都市問題の発表会や喫茶店をやった。聖心女子大の女学生を助っ人にお願いし、コーヒー、紅茶などを出したなあ。結構、利益が出て、六本木のカンタベリーハウスというところで打ち上げをやった。今もあるかなあ。

 学生からの声ももあり、いろんなところを見に行った。チアガールからも要請があり、撮影に行った。元気一杯、華がある。見ていて楽しい。「カワイイ~」などの声が挙がっていた。

 都市問題というのは、当時の日本は、現在の中国のような感じで、大気汚染に悩まされていた。いわゆる公害である。これを解決するため経済学的にもいろいろ検討、考察されていた。そうした都市問題を扱ったゼミにおり、その発表会をしたわけである。
[PR]
by kogaj | 2013-11-10 08:20 | 大学

大掃除


c0018010_11162378.jpg大学も夏休み入り。校舎の中の住民も極端に少なくなった。学生もしかりである。そこで、一念発起。資料や不要な書類で散らかっていた研究室のリストラを始めた。まずは、不要な本や資料を処分し、空いた本棚に整理した書類の綴じ込みを並べることにした。

研究室には、私費で買った本と、公費の分がある。公費の本は処分できないので、私費の分が対象だ。40年前の大学時代に購入した本がある。資料的価値もなくなったのを捨てることにした。100冊はあるかもしれない。新書や単行本もある。

本学にはあと10年も在籍することはないから、その時のためにかなり前から整理することも必要だろう。整理しているといろんなことがある。昨日は、一冊の本の中から、一枚の名刺が出てきた。私が以前の会社に働いていた時代の最初に作った名刺である。

裏にボールペンの走り書きがあった。当時持っていた自動車の駐車場の確保に必要な書類のリストである。ということは、これは、1977年4月の頃の名刺であるにほぼ間違いない。当時を思い出してとても懐かしくなった。
[PR]
by kogaj | 2013-08-12 11:12 | 大学

ついに夏休み

今週は補講期間となっている。来週から夏休み入りである。補講を取得している学生は少数派だから、キャンパスは既に夏休みモード。もっともリポート提出が前期の成績の材料とする先生が多いから学生は今が正念場といえるかもしれない。

私のゼミ生らも今、机に向かっていることだろう。14日が締め切りとなっているのだが、既に2人が提出している。早めの提出にもかかわらず内容はしっかりしている。まあ、期限と中身は関係ないとみるのが適切だろう。

テストは、これとは逆かもしれない。興味深いのは、学生に粘りがなくなったのかもしれない。早く提出する学生の試験の中身が薄っぺらなこと。私が講義した授業の中身を盛り込まずただただ、自説を主張するケースが少なくない。説得力があれば別であるが、そうでもない。

教師の側からすれば、講義の中で開陳した話を入れてもらわんと困るよな。勉強してないからこんな結果になるのだろう。
[PR]
by kogaj | 2013-08-10 06:27 | 大学

オープンキャンパス


c0018010_11161846.jpg
本学のオープンキャンパスが開かれた。教員や学生らは、朝8時過ぎに集合、夕方には解散となった。私は今回初めての参加。職務上、人文学部の総合案内を担当した。朝から雲行きが悪く、雨になるのかなと思っていたのが的中した。午前9時過ぎから、ぽつぽつ降り出し、途中から雷雨となった。

訪問していただいた高校生や保護者の方は、傘の持参も多くはなく、濡れネズミになった姿が見受けられた。当方は、交通整理、訪問者の質問に答えることに徹した。午前9時からは、模擬授業がスタート、30分超の短い講義なのであるが、結構な人気。普段より多いから先生方の張り切る姿が目に付いた。


c0018010_11163215.jpg
午前10時を過ぎると、訪問者はさらに増えて、模擬授業は、立ち見席もできた。教員側では、分かりやすくて面白い授業を用意したから、楽しんでいただけたと思う。

正門近くの講堂では、人文学部の説明会。これは結構な数が詰めかけていた。放送研究会のメンバーの司会が、女子アナ顔負けの上手さだったほか、説明に当たった学生らもかなり上手で、終了後に高校生が直接面談を希望したようだ。


c0018010_11164754.jpg
人文講義棟前では、手品、コマ回しなどの各種催しが披露された。圧巻だったのは、総勢20人を上回る女性軍によるチアガールらによるショーだ。元気一杯、やはり華があるね。

午後2時過ぎになると、訪問客が三々五々に帰宅する姿が見られた。当方らも、反省会を開催した。私はその後、別の会議があり、午後7時過ぎまで大学にいた。
[PR]
by kogaj | 2013-07-28 11:14 | 大学

学会の委員会へ


c0018010_6354653.png4年ほど前から在籍しているマスコミ学会の国際委員会・委員を委嘱され、先日、都内の大学へ行ってきた。地価の高い都内とあって、構内には、校舎が林立している。それ以上に学生が多い。狭い構内に多くの学生、人口密度はかなり高い。

夕方に、指定された会議室に赴くと他の委員たちも集まっており、定刻から会議が始まった。まずは名刺の交換会。初出席の私は、自己紹介をする。他に誰もしないから、私一人が初参加ということになる。右も左も分からぬど素人なのでただただ、皆さんの発言を聞くことを決め込んだ。

国際関係の委員会だから、当然外の話が多く、英語も絡んでくる。学内で英語を教えている私ではあるが、出席者の多くは私より上手であろう。2時間ほどの意見交換で会議が終了、その後は、繁華街に繰り出し、短時間のノミニュケーション。トンボ返りで自宅に戻った。
[PR]
by kogaj | 2013-07-20 06:33 | 大学

前期もあとわずか


c0018010_5193145.jpg大学の前期日程もあとわずか2週間となった。今回の日程を振り返ると専門の講義にせよ押し目、押し目の感じになってしまった。教えるべきテーマがまだかなり残っている。この2週間で終えなければならない。駆け足となる感じで、学生の方が大変かもしれない。

ゼミの方もあと2回を残すのみ。9月に熱海で、合宿することがほぼ決定した。ことしの学生は、以外にも温泉が好きなようだ。各地を訪れたことがないからいろいろ行ってみたいのであろう。以前の会社の保養所が伊東にあったから、小生にとって熱海は通過点であった。

大学の校務が予定されているから、合宿明けの翌日は、トンボ返りで水戸に戻ってくることになる。慌ただしい合宿となりそうだ。学生らは、箱根を回って帰ってくるようである。地獄谷なども楽しいであろう。

学生の中には、合宿を単なる遊びと勘違いしている輩も少なくない。私のゼミでは、4年生は、秋の卒論完成、中間報告に向けて動き出す基点となる。3年生は、1年半後の卒論完成に向けて本格的に取り組む画期となる。

合宿では、4年生、3年生が卒論へ取り組みへの所信を表明する。簡単に言えば、何を書くのか、中味を開陳するのである。どんな中身になるのか。楽しい限りである。
[PR]
by kogaj | 2013-07-15 05:17 | 大学

学生からの電子メイル

教員の性格上、学生から電子メイルをもらうことが多い。そして多くの場合に共通するのが差出人が分からないことである。そんなことはないはずだ。差出人の欄に名前が出るはずだと反論される向きもおおかろう。だが事実なのである。

なぜ、そうなるのか。送信者の欄には、彼らが所属する本学の学籍番号が表示されるのである。学籍番号のリストを取り寄せ、それから探せば、名前を割り出すことは可能である。だが、そのリストを毎時持ち歩いている場合ではない。第一探すのも面倒だ。

文面に名前が入っておればいいのだが、入ってない場合が結構多い。だから当方では、「名無しの権平さんへ」と返信を書くことになる。そして、最後にこんな文章が入る。

メイルを出す時には、必ず自分の名前と要件を入れるようにしましょう。諸君らが私にメイルを送りつけるときに貴君と同じミスをほとんどがやります。私がこれを指摘すると、以降、必ず、名前と要件を入れてきます。学生を含めた社会人のエチケットですので、励行、よろしく。

これを受け取った学生は以降、自分の名前を必ず入れてくる。社会に入る前に大学で教えておかねばならない社会の常識はあまりにも多い。
[PR]
by kogaj | 2013-06-29 10:41 | 大学

松山で学会へ


c0018010_22392063.jpg学会で先々週、松山に行ってきた。はじめての訪問で、これからも行くことはないだろう。それだけに、時間をうまく使っていろんなところに行ってきた。残念だったのは、松山城にのぼれなかったこと。もっとも、お城はどこに行ってもある程度分かるし、まあ、いいかという気分もあった。

こんなに観光県だとは思わなかった。少し前に、司馬遼太郎の「坂の上の雲」がNHKのドラマで放映されたこともあって、まだ、その余韻が残っていた。メインストリートには、坂の上の雲を思い起こさせる、さまざまな展示があった。

私は、正岡子規が結構すきなものだから、やや物見遊山的な気分もあったね。学会の発表も結構面白いのがあったので、それも興味深く聞きつつ、昼の飯の時間にちょっとばかり、行ってみた。地方都市は、小回りが利くのでいい。

市電は重宝した。どこ行くのもこれに乗れば、10分少しで行ける。1日券を買えば、400円で1000円分も乗れる。わが故郷の鹿児島の路面電車に似ているのお。鹿児島の方が少しばかり新しい。少しといっても20年くらいか。鎌倉・藤沢をつなぐ江ノ電を利用したことも何年かあったが、これよりもやはり古いのお。
[PR]
by kogaj | 2013-06-16 22:37 | 大学

立教大学

久しぶりに立教大学へ行った。本学の村上ゼミと共催のジャーナリズム関係の講座を聞くためである。1年ぶりくらいか。何年か前に非常勤講師をやっていたのでとても懐かしい。10号館の3階の教室であったのだが、講師時代に使っていた部屋が1階だったので、妙に懐かしかった。

テーマは、スポーツジャーナリズム。
[PR]
by kogaj | 2013-05-19 09:15 | 大学

水戸・偕楽園にて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31