カテゴリ:ゼミ生( 115 )

ゼミの新年会

ゼミをふだんより早く終えて大学近くの焼き鳥屋で新年会。2年、3年生、4年生合計し20人弱。風邪などで体調がすぐれず3人が欠席した。インフルエンザが流行しているので、万一を考えてのことである。半年くらい前にオープンしたお店で、普通の焼き鳥屋と思い込んでいたのだが、入ってみると清潔でなかなか良かった。

終了前の4年生同志のディベートでは、消費税値上げの是非を議論してもらった。税制などは素人なのにもかかわらず、結構骨太の議論をしてくれた。不敗神話を誇っていたN君がやはり勝利した。4月以降は、福島県内の高級フルーツを幅広く手掛けるお店で仕事をする。私は、弁護士とか議員が向いていると思うのだが、本人はいたってその気はナシ。

 残念ながら負けたT君は、福島県内の放送局での仕事がまっている。総合職なので、記者になるのか、アナウンサーか、はたまた、営業なのか、ふたを開けてみなければ分からないようだ。午後9時半過ぎにはお開きとなる。

[PR]
by kogaj | 2018-01-12 14:31 | ゼミ生

4大学5ゼミコンペ

先週末、立教大学の池袋校舎で、立教、法政、大正、茨城大の5つのゼミ生によるプレゼンテーションのコンペを実施した。5年前にスタートして今回は5回目。今年こそグランプリと行きたかったのであるが、残念ながら2位だった。来年は捲土重来、トップを目指したい。

 私のゼミが発表したのは、ストーカー対策の提言、立教は、選挙、大正大は、屋台の考察、茨大のもう一つのゼミは、戦争の記憶だった。5人の審査員のうち、我がゼミは、2人が押してくれたが、ライバルのゼミは3票を取り、残念無念。

[PR]
by kogaj | 2018-01-09 20:26 | ゼミ生

ゼミ打ち上げ


c0018010_643558.jpg昨日はゼミの最終日。講義の終了後に市内の繁華街に繰り出して打ち上げを挙行した。8、9月とさみだれ的に米国とスペインへ留学に出かけるゼミ員が2人いた。帰国は来年5月以降である。この2人の送別会も兼ねた。

驚いたことに、都内の大学との間で、毎月ゼミ同士の交流を続けているのであるが、そのうちの法政大学の2人が「送別会」ということで、合流してくれた。あり難い限りである。ゼミ員たちも他大学の交流の大切さを身を以て気づいてくれたであろう。

経団連系の大手が、8月1日から就職面接解禁日ということで、早々と退散するゼミ生もいた。私のゼミ員はマスコミ志望が多いので、これには含まれていない。もっとも、2日に大手紙の試験が予定されている。

大学は、来週が前期の試験日。10日の週から本格的な夏休みに入る。9月末までゼミ員の顔を一堂で見ることもない。
[PR]
by kogaj | 2015-08-01 06:39 | ゼミ生

追いコン

 2年生の仕切りで、追いコンを実施した。午後7時スタート、10時ごろまでには終了した。5人のうち4人が参加は欠席でした。2年生が企画、3年生も意欲的だった。
[PR]
by kogaj | 2015-02-15 12:42 | ゼミ生

最後のゼミ

 今年3月に卒業予定のゼミ生が出席する最後の演習を先日実施した。ゼミをもっていれば、例年必ずあることだが、最後となると、それなりにしんみりする。

 4年生が12月に卒論を提出すると例年は、1月以降にテキストを決めて購読などをやったこともあった。今年は例年と違い、4年生が提出した卒論を2年生、3年生を交えて読み込み、議論した。4年生から提出した卒論にばらつきがあり、卒論とはなんなのかを2、3年生に肌で知ってもらわなければと思ったからである。

 後輩の全員にコメントしてもらったので、卒論について理解が深まったものと想像される。風邪の3年生を除き全員が出席してくれた。2年間、落伍者もなく、卒業してもらえることは嬉しいものである。就職も全員が決まった。

あとは、追い出し兼新人歓迎会の打ち上げである。昨年は結構盛り上がったが、今年はどうなるだろうか。幹事の采配が期待される。
[PR]
by kogaj | 2015-01-31 09:57 | ゼミ生

今年も終わります

22日はゼミ生の卒業論文の提出の締切日。多くのゼミ員は、自分の満足のいく卒論が提出できてほっとしていることだろう。その前の19日は今年、最終のゼミ。終了後に忘年会を挙行した。

忘年会の前に来年1月の大学対抗のコンペに3年生が出場するため、それについても協議した。今年は、2年生が11月からゼミに参加してくれたので、ゼミが締まった。後期は、1月で終了。予定が目白押しで、来年も忙しくなりそう。

 そういえば、ペンシルベニア州立大に留学中のゼミ生から、季節の便りが来た。成長ぶりに、指導教員としては、とても嬉しいものを感じる。http://kogazemni.exblog.jp/
c0018010_14421557.jpg
c0018010_14423449.jpg

[PR]
by kogaj | 2014-12-23 14:43 | ゼミ生

卒論の季節

 この時期は毎年、卒論に忙殺される。ゼミ員が400字詰めで100枚以上の論文を、一時期にドカッと提出するから、対応する方も大変だ。

 早い学生は、既に7割がた完成している。だが、ほとんどできていない学生もいる。留年の可能性が強い。就職も決まっており、それをパーにするのは、もったいないと思うのだが、卒論も提出できないような学生性を卒業させることが果たしてよいのかという教育上の問題もある。

12月下旬の締切に向けて、4年生は苦闘の日々が続く。
[PR]
by kogaj | 2014-11-22 23:30 | ゼミ生

大学対抗ゼミコンペ

昨日、茨城大学人文学部で、立教大学、法政大学、茨城大学の3大学の4つのゼミ対抗のプレゼンのコンペを開いた。来年1月の発表を踏まえての中間発表に位置づけらえる。参加者は、教員が4人、学生が約80人、審査員として全国紙などのメディアから3人をお願いした。

トップバッターの村上ゼミ(茨城大学)は、「聖地巡礼」をテーマに約20分、プレゼンを披露。男子学生がちょんまげ頭に江戸時代の殿様にふんして熱演、大洗町などにみられるアニメが町おこしの起爆剤になるのかを考察した。

2番手は、我がゼミで「ブラックバイト」を各方面から考察し、具体例を交えて、告発型の発表をしてくれた。調査不足のところがあり、そこを突っ込まれると、しどろもどろになっていた。猛反省してもらいたいね。

3番手は、立教大学の砂川ゼミ、2020年の東京五輪を返上する可能があるとの興味深い、テーマでプレゼン、最後の法政大学の藤代ゼミは、「テレビとSNS」について、都内などでの調査を踏まえた、ユニークな発表をしてくれた。

 1位は、村上ゼミ、2位は我がゼミ。立教、法政は来年1月に向けて猛然と巻き返しを図るだろう。我がゼミの面々にもトップを目指して頑張っていただきたいものである。

 
[PR]
by kogaj | 2014-11-09 20:13 | ゼミ生

ゼミ員7人が決定

 本学のメディアコースは、3,4年生の属するゼミのメンバーが秋に決定する。先般はこの決定作業があり、来年4月から7人のゼミ員が入ることになった。例年4~6人が志望してくる。今年は、7人が希望してくれた。

 枠は6人なので、辞退を求めても別段悪くはないのだが、マスメディアを全員が希望しているということで、7人をOKした。最初に書いたように来年4月からが参加なのであるが、先般、ゼミに参加してもらい、質問したところ、全員が2年からの参加を希望した。

 あくまで希望ベースなのであるが、来週から2年生も参加する。数年前に都内の大学でゼミをもっていたことがある。この時は、全員で20人を突破していた。国立は、若干違うなあと思った。私の属する人文学部でもゼミ員のいない先生もいる。
[PR]
by kogaj | 2014-11-03 19:57 | ゼミ生

送別会


c0018010_1059273.jpg先日のゼミは、前期の最終講義だったので、終了後、ゼミの打ち上げを挙行した。米国からの留学生が1年の留学を終えて8月に帰国するのでこの送別会、そして3年生の学生が1人米国に留学するので、この壮行会という意味もあった。

オーストラリアからの留学生を除くゼミ員全員が集結し、午後7時からスタートした。幹事役の3年生とアドバイザーの4年生を仕切りがつつがなく終了。この留学生が戻ることになるペンシルベニア州立大学(PSU)は、9月に交流事業で私が引率の茨大生の一行が訪問する。

さらに3年生が予定している留学先は、このPSUという幸運に恵まれた。9月に再会することになる。


c0018010_10595211.jpg送別会では、幹事の発案で、サプライズが用意されていた。帰国するJ君もハチャメチャに嬉しそうだった。
[PR]
by kogaj | 2014-07-25 10:56 | ゼミ生

水戸・偕楽園にて