カテゴリ:グルメ( 102 )

今半


c0018010_9385652.png送別会で久しぶりにすき焼きの「今半」に行ってきた。私が大阪から東京に異動になった際の1985年以来、ロンドンに赴任するまでしばしば人形町の今半でお世話なっていた。最近は、ほとんど行くこともなくなったが、お昼であれば1000円台ですき焼きを楽しめたから、良かった。改装後は、値段が急に上がり、それ以来ご無沙汰となっていた。

やや甘い割り下が人気の秘密からも知れない。鉄板焼きタイプと見まがうような鍋が出てくる。そこに牛の脂を入れて表面をやく、そこにすき焼き用の牛肉を入れる。表面を軽く焼いて割り下をいれる。若干煮て、溶き卵を入れた小さな取り皿に入れて食する。これが美味いのである。

昼用の定食だったが、すき焼き用の牛肉は、霜降りのいいやつだった。2枚の肉やシラタキ、ネギを食べたら満腹になった。もっとも、ビールなどを飲んではいたのだが。最後に、卵丼というので、なんだろうと思っていら、単に、すき焼きの残り汁をご飯にかけて食べるだけである。

私は、取り皿に溶き卵が残っていたのでこれを銀シャリの上にかけた。なかなかうまい。いい味であった。送別会もつつがなく終了したのである。
[PR]
by kogaj | 2012-12-03 09:37 | グルメ

きどぐち


c0018010_11125937.jpg軽井沢訪問の目的の一つに、以前通っていた天ぷら屋の訪問があった。都内にあったのだが、突然閉店し、奥さんの実家のある長野に転居した。それが軽井沢だったのである。ご主人が、銀座の有名店「天国」で10年以上修行された方で、確かに美味かった。


ネットで探していた通りの堀辰雄記念館の近くの国道沿いにそこはあった。訪れたのは午後1時半過ぎ。玄関には「終了しました」との張り紙。ドアを開けてみると、中にはお客さんがビッシリ。30人近くはいたかなあ。奥さんに「また来ます」と声をかけ、近くの蕎麦屋に入った。

ここも大入り満員。夏の軽井沢は、さながら、東京の満員電車のようである。翌日は、雨。天気の悪い中を軽井沢・銀座へ足を運ぶ。駐車場に車を入れたら1時間で400円。高いなあ。午前11時半に城戸口へ滑り込む。2番乗りであった。

すると、続々とお客が詰めかける。5分で満員となった。1時間ほどいて、その後は、群馬・沼田方面へ。水上温泉を目指した。午後4時ごろに到着。露天風呂に入り、夕食。午後8時半ごろに睡眠。
[PR]
by kogaj | 2012-09-07 11:04 | グルメ

新米


c0018010_736736.jpg九州の天草からお米が贈られてきた。お盆のころに収穫した新米だとか。かつて、農業をやっている富山県の知り合いからいただいたことがあるが、それに次いで2回目。さっそく夕飯に食してみた。

やはり違う。いろつやがいい。弾力性があり、ほんのり甘い味わい。光っている。半年くらい前に植えられ、天の恵みを受けてここまで育ち、私の許へ届いたのだと思うと、思わず両手を合わせてしまう。お米の向こうに丹精込めて栽培した方の顔が透けて見えるようだ。

お米は、いろんな食し方がある。水戸だから納豆ごはんもいいだろう。卵をかけて味わうのもよい。友人で週に一度、お米を漬物だけで一家で食うという家庭も知っている。こんなやり方もいいだろうし、農家の方がきいたらきっと喜んでいただけるだろう。

いずれにせよ、この一か月は美味しいご飯を楽しめることになりそうだ。あんがとさん。
[PR]
by kogaj | 2012-08-30 07:23 | グルメ

にのまえ


c0018010_2245064.pngそばの抜群に、うまいみせだ。先日の土曜日のお昼に訪れてみた。かなり前から行きたかった店だ。店主は、本学の卒業生、理科系と聞いていた。なんでも、アルゼンチンにいらして、帰国後、オープンしたとか。アルゼンチン料理が楽しめるようだ。

その日は、テリーヌをお願いした。いただくと、それなりに行ける。フォアグラの感じもある。美味いもんだから、日本酒をお願いしたら、神亀があった。幻の銘酒ということで、なかなか手に入らないやつである。それでいただいた。3年ぶりだ。

最後にそばをいただく。実は、年末の大みそかの日に来たのであるが、閉じていて退散した思い出がある。その話をしたらマスターは痛く恐縮されていた。納豆と、大根おろしがそばの上にかけてある同店名物のそばをいただく。

納豆と、大根おろしの組み合わせが意外に行ける。結構うまかったぜ。また行きたいものである
[PR]
by kogaj | 2012-08-23 22:45 | グルメ

白熊


c0018010_644558.jpg暑い夏が続いている。こんな時に欲しくなるのは、時間帯にもよるが、夕方だとビール、昼間だと、そうめん、午後3時ごろだと、そう、アイスクリームなどの冷たいもの。先日鹿児島出身の歌手のホームページをみていたら、鹿児島名産の「白熊」をいただいたという記事が掲載されていた。写真つきである。食してみたくなった。

ネットで注文するといくらぐらいかかるのだろう。試みに検索してみた。送料込みで、20個4200円。結構するなあ。鹿児島出身者と思われる人物が添え書きをしていた。別のところで注文したら送料が痛かったと書いていた。1000円近くする時があるからね。

鹿児島人でなければ、白熊といわれてもピンとこない。分かりにくいであろう。かき氷に、いろんなフルーツを、これでもか、これでもかという具合に山盛りになっていると考えればよい。桃、バナナ、マンゴー、サクランボ、パイナップル、イチゴ・・・・。最近は食していないから、正確には分からない。とどめは、あの甘~い練乳がどぼっとかけてある。

小学生の夏の真っ盛りの頃、父に天文館に連れて行かれて、冷房の効いた喫茶店に入ったことがある。目の前に出てきたのが、この白熊である。口の中に、カキ氷を一気にかきいれたのだが、その瞬間に体が、冷えてしまい、震えがでたことを記憶している。一緒に入った姉も同じだった。

件の歌手も書き込みで、白熊への思いをつづっていた。あのうまさは、鹿児島に行かなければ味わえない、とも書いていた。故郷は遠くにありて思うもの・・・・・・。ですな。写真は、その歌手のページから拝借。
[PR]
by kogaj | 2012-08-20 06:39 | グルメ

やまやの明太子


友人からお届け物をいただいた。クール便である。なになに、と開けてみると、中には私の好物のひとつである明太子が入っていた。送り先をみると、長年の友人。ごっつあんです。持つべきものは友人。いいこともありますな。

ちなみに友人は博多にしばらく住んでいたことがあります。私のロンドン時代の仲間でもあります。外地で知り合いになると、付き合いが結構深くなるのですね。奥さんもよく知ってます。

さて、いただいてから、毎日日本飯が続いております。あったかい銀シャリに乗っけて食べると、美味いんですね。あんがとさん。家人も喜んでおりましたぜ。
[PR]
by kogaj | 2012-07-31 23:26 | グルメ


980円でカニ食べ放題-ということで物見遊山の気分で一路、那珂湊港に出向いた。先日のことである。行くのも初めて、那珂湊も初めて。意外に近いもので、水戸から車で30分超。高速道を使う必要がないから余計な出費は不要だった。わが愛車も久しぶりの遠出に喜んでいるようだ。

到着して驚いたのは、車の多さ。ピーク時を避けたので、無料駐車場は空いていた。運がよかったのもかもしれない。港の方に有料の駐車場はあった。値段をみると、100円。こちらをりようしてもそう負担ではない。

最初に寄ったお店は、30分待ち、ということなので、5分くらい歩いて別の店に行く。するとそちらは待ち時間ゼロ。すぐさま入った。ズワイガニと3色丼の食べ放題で980円。もっとも時間制限がついている。これは40分、短いようでもあるし、長いようでもある。

席に着くと、茹で上げられたカニと3色丼、アサリの味噌汁が運ばれてきた。カニは数えなかったが数パイいたなあ。大ぶりが2はい、あとは小さいやつ。
[PR]
by kogaj | 2012-06-30 08:17 | グルメ

イカセンター


c0018010_1191425.jpg先日、日本橋のイカセンターに行ってきた。目の前の生簀にイカをはじめとした魚介類がひしめいている。それを目の前で調理してくれる。新鮮そのもの。ビール、日本酒、ワインをいただき、とても楽しい宴であった。

知り合いが横浜赤レンガ倉庫の社長をやっていた時にこのイカセンターを誘致したとかで、行くことになった。もっともそれで値段が安くなったわけではない。サービスはよかったかもね。刺身が格別でした。イカはもちろん、鯛、マグロ、アジ・・・・など旬の魚がドッサリ。広島出身の某社幹部もおられましたが、こんなカキは広島でも珍しいようです。

板の間でしたが掘りごたつでかなりリラックスしていただけましたな。一番うまかったのはなんだろう。最初のカキの酒蒸し、大ぶりのプリプリしたのをほくほくしていただきました。
c0018010_11124097.jpg一人、カキにあたったことが過去にあったということでパスした方がおりました。当然のことですが、イカの刺身もよかったです。これもプリプリしておったなあ。
[PR]
by kogaj | 2012-06-10 11:08 | グルメ

フローズンビール


c0018010_11513082.jpgキリンビールが売り出して話題を呼んでいるフローズンビールを先日、いただきました。シャーベット状のビールが泡のようにビールの上にただよっておりまして、これをビールと一緒に飲むわけです。ウィンナコーヒーの表面に浮いている生クリームをほおばりながら飲むウィンナコーヒを思い出しました。とても、新鮮で、美味かったです。

大変な人気のようで、20メートル程度の列をなしておりました。特別なサーバーが必要とかで、一人2杯に限定されておりましたな。当方は、その後に席が控えていたので、1杯だけで終わり。一緒に枝豆をいただきました。ビールはやはり枝豆!!ですね。興味深かったのは、お客さんのうちの6-7割が女性客だったことです。

大手町というオフィス街もあったのでしょう。フローズンを一緒に楽しんだビール会社のえらいさんによると、①女性は、流行に敏感で、試してみたいという気持ちが旺盛②男性客の中には、ビールは、生で飲むのが通で、フローズンは邪道などと考える人もいる-という見立てでした。
[PR]
by kogaj | 2012-06-09 11:44 | グルメ

宮崎のラーメン

c0018010_1617451.jpg各地を訪れるとその地のラーメンを食べることにしている。今回は、栄養軒。幸運にも学会が開かれた宮崎公立大学から近かった。それでも歩いて10分くらいかな。午後1時過ぎに行くと、列ができていた。ウィークエンドだからさすがに家族連れが多い。15分くらい待つとやっとカウンターに座れた。

ラーメンの製造工程が席から望める。まさに、ラーメン製造工場だ。お客さんがまあ40人はいるかな。半分は待ちで半分がすすっている。いろいろメニューはあるのだが、素人は、普通のラーメンだと当たりはずれがない。

c0018010_16172057.jpg

10分くらいして出てきたのは、豚骨スープのぎとぎろラーメンなり。550円。麺は固くもなく、フニャフニャでもない。鹿児島出身の私にとってスープは、まあ、好きなほうかな。
[PR]
by kogaj | 2012-06-04 16:14 | グルメ

水戸・偕楽園にて