冬休み前の古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧


一般入試

昨日は、一般入試だった。センター試験とは別に、本学が独自に受験生に課する試験である。我が人文学部では、小論文である。朝8時に大学に行き、雑務をこなした。ご存じのように、霧が濃い朝だった。

常磐線などの交通手段に支障が出て、受験生に影響がでるかもしれないなあと心配した。確かに、遅れはあったが、10分程度だったようで、不幸中の幸いであった。インフルエンザで欠席する受験生がおれば、追加試験を設定しなければならなかった。

これもなかった。追試は、1人でもいれば、大学の職員は対応しなければならない。1人の受験生のために職員が20人前後対応することになる。非効率この上ない。
[PR]

by kogaj | 2010-02-26 05:01 | 大学

スウェーデンリレー

ネットのニュースをトローリングしていたら「スウェーデンリレー」とのタイトルが目に付いた。この単語を見るのは久しぶりである。高校の頃の体育祭でこのリレーがあった。

このリレーは、一風というか大いに変わったレースである。第1走者が100メートル、第2走者が200メートル、第3走者が400メートル。最後は800メートル。これで競う。

私の母校は、外資系だったから経営者が母国の競技を懐かしがって持ち込んだものだろうとおもっていたが、そのようである。
[PR]

by kogaj | 2010-02-25 23:13 | 国際

豊田章男

トヨタ自動車の総帥、豊田章男が米議会の公聴会に出席、今回のトラブルに関連する数々の、手厳しい質問を米議員らから受けた。良かったのか、駄目だったのか。それはよく分からない。

今から10数年前に財界会社として当時の経団連会長の豊田章一郎に1年間、密着して取材することがあった。章男の親父である。親父を知っている私からすると、親父を数倍超えるような経営者に育ったなあという感を禁じ得ない。

仮に章一郎が社長でこんなことがあったら章一郎は、こんな対応ができただろうか。否、できなかっただろう。ただし、石橋をたたいて渡るような根っからのエンジニア章一郎であったら、このようなことも起きなかったからもしれない。

時代が経営者を鍛えるのか。新聞記者は、修羅場を踏んで大きくなる。経営者もそうなのだろうか。
[PR]

by kogaj | 2010-02-25 23:01 | 経済

浅田真央とキムが握手

朝鮮日報のホームページを見ていると、五輪フィギュアの日本との報道の違いを感じる。SPの試合終了後の1、2位の2人は、会見場で、そろって並び、会見に応じたことが分かる。そこで2人ががっちり握手をしている。


日本の新聞が取り上げない構図である。朝鮮日報の記事で面白いのは、審判員の中で、相性の悪いスイス人の審判1人がいて、実名を挙げてコメントしていることである。キムの勝利と書いている。
[PR]

by kogaj | 2010-02-24 23:35 | ジャーナリズム

梅の季節

ヒヤシンスの満開の花を左手に見ながら書いている。香りが良いねえ。そういえば、水戸は、ご存じ、偕楽園でも有名な街である。偕楽園の梅は、黄門さまも見ていたのかな。ナヌ!時代が違う?ならば、偕楽園と水戸光圀の接点を調べてみようか。


毎年、偕楽園では、梅まつりをやっているようだ。学生時代と、昨年行ったがあんまり感激しなかったなあ。櫻ほど、華々しくないからかなあ。

友人のM君が最近、枝に咲く梅の花を撮影した。それを本人のブログに掲載していた。短期間拝借することにした。なかなかの腕前ではないの。いいでしょう。

背景に伸びる枝の梅の花やつぼみが光るねえ。ぼんやりしているのが良い。200ミリくらいの望遠で焦点深度の違いを利用して撮影したのだろう。プロのような味わい。傑作だぜ。
[PR]

by kogaj | 2010-02-24 22:38 | 友人

進まない規制緩和

陸運局に行って痛感したのは、規制緩和が進展していないことであった。旧運輸省関連は、この規制緩和が進んでいないことが多いとは聞いていたが、それを実感した。なぜ、進んでいないのか。

それは、問題になるのが、常に一等官庁の財務省、経済産業省の規制が主で、二等いや三等官庁の規制は、あまり国会やマスコミの矢面に立たないのである。分かりやすく言えば、この陰に隠れて旧来の規制を温存しているのである。

行ってみて最初に驚いたのは、陸運支局の中のコーナーに私企業の代書屋がデスクを持っていたことである。なぜ、政府の機関に堂々と、私企業がデスクを持っているのか。出先を持つことで、この企業は、かなり儲けているはずだ。

かつて、運転免許が、この代書屋を通さないと当局が受け付けてくれなかった。今は、様変わりだけれどね。私は、今回のナンバープレートの書き換えで、この代書屋を使わなかったけれど、しらない多くの人は使うだろうなあ。そして不要な数1000円を取られるのだろう。

そして、提出する書類が極めて分かりにくい。代書屋を使え!といわれているのかと思われるほどである。不親切、分かりにくい書類。消費者、ユーザーの発想に立っていないね。3等官庁といわれるゆえんだな。

旧態依然たる規制が残っていることで、運輸官僚が美味い蜜を相変わらず吸っているのであろう。
[PR]

by kogaj | 2010-02-23 23:00 | 日記

ナンバー書き換え

昼から陸運局へ。ナンバーの書き換えである。「足立」から「水戸」へ変わった。一年前は、「藤沢」だったから、大きく変わったのう。昼過ぎに、水戸警察に車庫証明を取りに行く。数日前に書類を提出していたらから、お願いしたらすぐに出てきた

次は、市役所、住民票をもらうためである。この間、ガソリンスタンドに立ち寄り、満タンにし、石油ストーブの灯油を10リットル買う。住民票を握りしめて、一路、陸運局へ。グーグルの地図をコピーしていたので、「これは楽だわい」と思っていた。

だが、運転し始めるとそうでもない。13年前の車だからナビも積んでいない。地図通りに進んでいる積りでも、なかなか目指す地区が現れない。「間違ったかな」と判断し逆に戻る。などを繰り返して、1時間半後にやっと到着。30分くらいでいけると思ったのが誤算だったぜ。

つづきは明日。写真はもちろん借り物。数日後に抹消します。
[PR]

by kogaj | 2010-02-22 20:54 | 日記

久しぶりのプール

2週間ぶりにプール。最近は、ゆっくり泳ぐことを心がけている。時たま、25メートルを全力で泳ぎきるのであるが、なんとなく、早く泳げるようになったような気がする。



430円で好きなだけ泳げるのであるが、人が少ないことがとてもいい。東京の頃は、私を含めて年寄りがうじゃうじゃいた。特に女性は、マイペースで堅実に泳ぐのだから、邪魔になってしかたがない。そういう私も、スピードスイマーたちは、厳し視線が注がれていたであろう。
[PR]

by kogaj | 2010-02-22 18:21 | 日記

8分咲き

たった1日で、ヒヤシンスの花が満開に近くなった。ほとんどが咲いている。我が勉強部屋は、ヒーターで20度前後にしているためだろうか。生命の躍動感を感じる。デジカメで撮影しました。アップには少し時間を要すると思います。
[PR]

by kogaj | 2010-02-22 11:19 | 日記

求む反省

ネットで今朝の朝刊のトローリングをしていたら、「浅田真央が金宣言」とのタイトルの記事が目に飛び込んできた。出場前に、金宣言とは、元気があるなあ、とやや驚いた。だが、記事を読んでみると、ちょっと違った。これは、行き過ぎである。

「金が欲しい」と言っているだけである。これを金宣言との見出しにするのは、あまりにも突出し過ぎてはいないか。やり過ぎだ。読者におもねている。まさに売らんかなの姿勢が見え見えなり。書かれた方はどんな気持ちだろうか。

「私はそんなことは言っていない」と反論するだろう。こんな安易な手法が積もり積もって、誤報や人権侵害などにつながっていくのではなかろうか。そんな想いをしたね。イエロージャーナリズムの典型である。反省を求めたいね。
[PR]

by kogaj | 2010-02-21 09:37