今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ちょいと遊びに

大型連休がスタート。これを利用したちょっくら遊びに出かけてきます。もちろん、本はたくさん持って。前の会社では、連続した休みはなかなかとれなかったからね。では、このブログも少し休みます。バイバイ。
[PR]

by kogaj | 2010-04-29 22:24 | 日記

厳しい教師

最近知ったことである。「厳しい教師」が学生の中での私の評判のようだ。聞いて笑ってしまった。なんで厳しいのだろう。評価はかなり甘いのではないか。厳しいと言われているとすれば、小テストを課すこと、作文を書かせること、最近は宿題を出すことなどだろう。

それが厳しいとは・・・・。それは学生のためであり、学生の能力を伸ばすためなのである。宿題を課すと、そのチェックで結構大変なのである。やらなければそれに越したことはない。だが、学生を伸ばすことは無理だ。

だいいち、勉強をしない。本学の留学生が「日本の大学生は勉強しない」と厳しい評価だ。せめて、私の担当の学生は、勉強してほしいね。
[PR]

by kogaj | 2010-04-26 18:23 | 大学

中国語サイト

昨夕、大学近くの中華料理店で、本学の中国人留学生が集まり、新入生の歓迎会があった。なぜか、私にも声が掛った。職員で出席したのは、3人。本学には、こんなに中国からの留学生がいるのか、と驚くほどだった。

30人はいたかな。男性より女性の方が多かった。これは、日本から海外に留学するケースでもそのような傾向があるような気がする。若いから当然と言えようが、皆さん本当に元気。こちらが圧倒されそうだった。

共通語は、もちろん中国語。私も中国語を勉強すればよかったなあと反省しきり。4月から発足した茨城大学の広報室の関係で、私に仕事が回ってくることになった。離陸の前の段階の話し合いの中で、中国語のサイトを作るべきと提案していた。

それが実現すれば、いいなあ、とこの集まりに出席し、実感した。
[PR]

by kogaj | 2010-04-25 18:19 | 大学

バンバン

新学期は、大学でも職員関係の集まりがある。それが親友会である。私も昨年、この会合で挨拶をした。ことしの本学の新しいメンバーは、准教授など5人。それぞれが口頭で挨拶、乾杯後に懇談に入った。

一年もいると大学のことがだんだん分かってくる。いろいろ教えてあげるつもりだ。そんなことを新しく入った先生らにお伝えした。まあ、いろいろあるからね。

驚いたことに、「ブログみてます」と何人かから声をかけられた。見られて困ることは書いてないつもりだし、大学秘は公表してない。別に何ともない。本当はバンバン書いた方が大学の変革のためにもいいのではと思うのだがね。
[PR]

by kogaj | 2010-04-25 11:42 | 大学

フィットネスクラブ

自宅の近くにフィットネスクラブがあることが判明。最近手術した病院の近く。正確にいえば、北水会という組織が、病院、介護施設、フィットネスクラブを経営しているわけである。勘のいい人なら分かるだろうが、お年寄りの利用が目出つ。

これまで車で15分くらいのところの市営プールに出かけていた。ここに行く必要がなくなる。自転車で5分だ。出来たばかりだからきれいだし、ダンベル体操などにも参加ができる。まあ、私は水泳が中心だろうな。

これでいよいよ車が不要になってきた。あと来年3月まで車検があるから、これまでに決めよう。
[PR]

by kogaj | 2010-04-25 11:35 | 日記

車を一台持っている。休日の大学出勤やスーパーへの買い物の時などに利用している。なくてもいいかなあとも思っている。維持費が高いのが難点である。

友人が車を手放したようだ。私はどうするかな。健康のため歩くことが多くなった。なくてもいいか。最近は、遠出もしなくなった。この一年、水戸市外に車で行ったことがないのである。悩むねえ。
[PR]

by kogaj | 2010-04-18 13:25 | 日記

3週間ぶり

久しぶりに浴槽のお風呂に入った。実に、3週間ぶり。それまでは、シャワーで処理をしていた。なにがあったって。実は、外科手術をしたのであります。背中を7針縫いました。局部麻酔だったので結構痛かったです。

そこに結構大きな脂肪瘤が出来ており、切除したのですよ。友人の医者のアドバイスもありましたし。別にそのままでもよかったのだけれどね。直りは、ゆっくり、医者がメスを入れた部分には、まだ、かさぶたがある。

これは、いつになったら取れるのかね。手術してもらった病院は、家の近くの総合病院。出来たばかりで、そんなに混んでいるわけでもない。併設した特別養護老人ホームの入居者と思われる方が院内を車いすなどでうろついている。近いし、ここでお世話になりそうです。
[PR]

by kogaj | 2010-04-18 00:08 | 日記

いやはや

講義の後にレスポンスレターを毎回書いてもらっている。もちろん、出席した学生からだ。参考になる意見が多い。昨日は、講義に使っているパワーポイントのスピードを遅くしてほしいとの注文が殺到。十分遅くした積りなのだが、そうでもないんだなあ。

加えて、パワーポイントの資料を配布してほしいとの要請もあった。これは、学内にサイトがあり、欲しい学生はここからダウンロードできるようである。これを使ってもらうつもりだ。履修届けが確定した5月ごろから可能になるようである。

昨年に比べ、忙しさが一段と増しているのが大きな理由だ。大学の教師がこんなに忙しいとは思わなかった。以前務めていた会社は、会社の仕事自体は、そうでもなかったが、私的な部分で恐ろしいほど忙しかった。

大学の教師は私的な部分と公的な仕事の部分との境が良く分からない。特に、研究の分野がそうである。
[PR]

by kogaj | 2010-04-15 07:06 | 講義

あな、恐ろしや

学生から「ブログ読んでます」との呼びかけがあった。「そうか、読まれているのか」とやや緊張する。これまで選別してきたつもりだが、話題をさらに絞る必要がありそうだ。無難なやつにね。

朝、学部長から電話いただいた。大学に広報室が近日中に創設される。そのスタッフになってほしいとの了解である。半年前くらいから、広報室の発足に向けた作業に関与している。行きかかり上、仕方がないかな。

火曜日は、2時限目から6時限目まで、ぶっ通しの授業。やや疲れるね。
[PR]

by kogaj | 2010-04-13 21:47 | 大学

「野口英世は眠らない」山本厚子著

集英社「野口英世は眠らない」をあと少しで読み終わる。1万円札にもなっている英世の伝記である。知られざる秘話が満載。よくここまで調べたなあと恐れ入るくらいである。戦前、ノーベル賞候補に3回もなったとは知らなんだ。


東京・信濃町に英世の博物館がある。慶応病院の裏に当たるところだ。とても質素、というより大地震で倒壊しそうな古いビルの一階にある。お世辞でも立派な博物館とはいえない。置いてあるものも大したものはない。故郷の猪苗代にもあるようだが。

だが、これを読むと、英世の世界がグッと接近する。大の放蕩家、唯我独尊の極致、その一方で驚嘆するほどの努力家。米国人の妻、仲の良かったドイツ人の女性助手。初恋の人、いいなずけの話など。人間臭さが漂う。

5年前くらいにエクアドルのグアヤキルに行ったことがある。その時に、ガイドさんが市内に「英世通り」があると教えてくれた。もちろん行ってみた。この本にもそれが登場する。なぜ、英世通りがあるのかも、これでよく分かった。

寝る時間を惜しみ、超人的な力で、学歴不足をカバーし、世界的な研究家になった英世の凄さをこれで初めて知った。小学校時代に読んだ伝記とは、程遠い、いや、はるかに凄い生き様だ。幾度となく押し寄せる修羅場をかいくぐり、最後にアフリカの大地で戦死を遂げた、怒涛のような人生だったようだ。

私もこんな人生を歩みたいな。だが、胆力もないし・・・・、英世の超人的なパワーを思い知ったぜよ。
[PR]

by kogaj | 2010-04-05 23:52 | 書評