今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


大きな地震

今朝は未明に大きな地震があって飛び起きた。久しぶりである。確認すると震度5。3月に比べれば小さいが、それでも結構大きい。意外にも家の中は異変は起きていない。3月以降、2-3か月は余震に見舞われることが多かった。

だが、最近は鎮静化の方向と思っていたが、そうでもないのか。心配である。
[PR]

by kogaj | 2011-07-31 10:43 | 日記

後期に向けて

後期には、新しい授業が始まる。この用意をせんとあかんのや。これが結構大変だ。パワーポイントも作成しなけばならない。

来週から試験シーズンがスタートする。専門科目の試験を作成した。授業に使ったパワーポイントを眺めながら考える。例年、同じような問題になるはある程度仕方ない。同じ内容の講義をやっているから当然といえば当然だ。ただし、微妙に変えているので、回答も少しづつ変わってくるのである。
[PR]

by kogaj | 2011-07-29 18:37 | 大学

前期のゼミ終了



火曜日に前期のゼミが終わった。8月上旬付けでリポートを課している。4年生は卒論そのものだから大変であろう。だが、秋の終わりまでには提出が義務つけられているから、当然書かなければならない。早いか遅いかの問題だ。3年生には来年の卒論のレジュメをお願いした。

恒例のゼミ終了の打ち上げは、中止となった。あるゼミ生に取りまとめを依頼していたのであるが、集まらないというのが中止の理由である。「集める労力を惜しんだ」ということであろうか。残念ながら、人をまとめる能力に、この時点では欠。有志らが結集し、急きょ、来週に挙行することになった。多少の例外はあるが、集まって、わいわいやりながら情報交換するのは楽しいものであるし、嫌いな人間は少ないだろう。

8、9月は、私にとっても結構大変な2か月となる。来年3月に発行される紀要に掲載する論文の執筆のための材料集めを開始する。学生の夏休みは、教師は別に休みではないのである。
[PR]

by kogaj | 2011-07-28 04:51 | ゼミ生

早朝から騒音に悩まされる


水戸に来て3年近くになる。驚くことが多い。たとえば、繁華街の交番の真ん前に普通の車が駐車していても何にもとがめられない。しかも、歩道のど真ん中に駐車していてもである。交番のお巡りさんの顔を見ることはめったにない。ドライバーは、注意されないからやるのだろうね。たぶん、何らかの賂をもらっているのだろうかと疑ってしまう。

警視庁だと、駐在所の前に立って周辺を見張っていることが多いのであるがね。一般の車の交通マナーのひどさに恐れ入る。交差点では、赤になっても突っ込んでくる。歩道の上の駐車は日常茶飯事。交差点での信号待ちで、青に変わったとたんに右折車が飛び出してくる。

こんなことをやるドライバーは日本で茨城くらいだろうか。今朝は、朝7時から官舎の隣の家がガンガン騒音を立てている。ガソリンエンジンを全開にし、あたり一面に騒音をまき散らしている。なんだろうかとみたら、芝刈り機である。他人の迷惑を何とも思わない水戸らしい行動である。

こちらは30メートルくらい離れているけれど隣の家は大変だろうね。病人などがいたら訴えられるだろうな。
[PR]

by kogaj | 2011-07-25 08:02 | 日記

三途の川


先日久しぶりに旧友と交歓会。その場で三途の話がでた。出席者の実話である。20代の頃に、死亡直前まで行くような大変な思いをした経験を語っていただいた。その瞬間は、走馬灯のようにいろんなことを思い出すそうである。結構気分がよかったようだ。

そうするうちに三途の川の端まで来たとか。向こう岸が見えるところまで接近したといっていた。もう一人もまた同じように、三途の川まで来たそうだ。すると向こう岸に自分の死んだ両親がいたそうだ。両親は、まだまだ早い、こちらに来てはだめだと合図をしてくれて辛くも川を渡ることはなかったようだ。

本当に三途の川はあるのですなあ。私もいつ川わたることになるんですな。
[PR]

by kogaj | 2011-07-24 16:58 | 友人

あと1週間

8月の第1週は前期の試験。講義はあと1週間残すのみ。地震でスタートが1週間ほど遅れた。だが、終わってみれば別に支障もなし。ゼミも来週で終わり。合宿は敢行するようだがいったいどこに行くのだろうか。すべて学生任せである。

昨年は軽井沢、今年はどこかな。試験を今週作ることになる。いったいどこから出そうかな。中間リポートを課しているので、残りの50点分となる。いい点数を取ってほしいものである。
[PR]

by kogaj | 2011-07-23 23:21 | 大学

京のすき焼き キムラ


京都の新京極を歩いていたらすき焼き屋があった。キムラという戦前にできたお店のようである。一人前3000円。奮発して食べてみることにした。関東とどう違うのだろうという興味もあったからである。

上野にやはりすき焼き屋で「米久」がある。もっとも、ここはすき焼きとは呼ばずに牛鍋だ。文明開化の時代からの名残のようだ。あのスタイルである。キムラも老舗のようであるから、明治以来の手法と頑なに守っているのであろう。

入り口は土間で、下足番がいる。2階が一般客の席。畳の上にちゃぶ台があり、そこにガスコンロが乗っかっている。すき焼きはそこで調理する。注文したらたちまち、運ばれてきた。牛肉、輪切りした玉ねぎ、葉ネギ、ふ、シラタキなど。お店の人に作ってもらうことにした。


油をひいた鍋に、最初に乗せたのは輪切りした玉ねぎである。これには驚いた。関東式でも関西式でもない。ある程度焼いたら、今度は、肉を乗せる、そしてお醤油と砂糖を加える。促されて食べてみた。結構うまい。玉ねぎからうま味が出るのであろう。
[PR]

by kogaj | 2011-07-22 08:11 | グルメ

祇園祭


学会で京都に滞在している間に、運よく祇園祭に出くわした。日本三大祭りの1つに数えられる。歴史は相当さかのぼる。平安時代に疫病などが流行したことから、無病息災を願い、この祭りをスタートさせたようだ。いろんな形の鉾が市内を巡回する。この鉾に、疫病などの災いを吸収させるという意味があるのだそうだ。

とても興味深い話である。宵山に当たる16日の夜は、大通りや筋道にこの鉾が置いてあった。もちろん明かりをともしてある。50万人以上が集まるお祭りだから、本当に人が多かった。

ただし、興味深いことに、浴衣姿が多く見かけられた、流石に古都の町である。ふと、与謝野晶子の歌を思い出して調べてみた。すると、祇園という単語は入っているが、どうも季節が違う。春の夜の歌である。いずれにせよ、今宵見る人みな美しきでしたな。

清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき
[PR]

by kogaj | 2011-07-18 15:12 | 日記

学会で京都

京都大学で学会があり、百万遍の本館を訪れてきた。本学と同様、行内には、自転車がびっしり。バイクもちょぼちょぼ。きちんと順番に並べて、整理整頓された置かれていたのには驚いた。さすが京大。本学も学ばなければな。

左翼学生の書いたものではなかったが、入り口に立て看があった。私の大学のころには、たくさんあったのだが。左翼の強い京都ももうこんな感じということだろうか。東大・駒場に行った時の印象で書いたことであるが、建物が多すぎてとても狭い感じがしたね。京大も同じだ。本学はそれと対照的に、ひろびろとしてとてもいい。この空間を大切にしなければならんな。

学会では、今夏の原発事故を踏まえて、今後のエネルギー・電力政策がテーマとなった。損害賠償の話、発送電分離など盛りだくさん。とても面白く、ためになる会合であった。学会が面白かったのは初めてである。いい方向に議論が進んでいるという印象であった。
[PR]

by kogaj | 2011-07-18 09:01 | 大学

もうすぐ終わり

7月いっぱいで講義は終了。大学の前期日程は、8月第一週の試験で完結する。あとは、10月からの後期のスタートを待つのみ。本学の人文学部では、2年生のコース分けという作業がある。それぞれの関心に応じて進学するコースを選択する。

私の属するところはメディアコース、人気のあるセクションだ。ほかに、文芸・思想、歴史・遺産などがある。約180人の学生が申告書を提出、これを振り分ける。定員があるので超えた場合は、成績による査定となる。学生にとっては、ハラハラドキドキだろう。
[PR]

by kogaj | 2011-07-15 07:15 | 大学