今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


快調ゼミ員のブログ

新学期に入ってゼミ生のブログがなかなかいい。更新も頻繁になっている。中身も面白い。大学であったこと、私生活のこと、いろいろアップしている。ご関心のある向きは、ぜひご覧ください。http://kogazemni.exblog.jp/i0
[PR]

by kogaj | 2011-10-31 13:41 | ゼミ生

相次ぐ試験

学外の一般の方には驚きだろうが、大学は試験が結構ある。先週は、学内の転学部・学科入試に、大学院の秋入試があった。学力を審査する試験と面接により構成される。年明けのセンター受験などに比べると受験者数は少ない。だが、一人一人の面接があるから結構時間かかる。手も抜けない。

最近目立つのは海外からの受験生である。中国、韓国、東南アジアからの受験生が結構多い。40年前の大学院受験者は、かなり成績の優れた学生に限定されていた。独立行政法人化で大学の対応も変わったのではないかと思っている。
[PR]

by kogaj | 2011-10-30 11:24 | 大学

肩こりか、はたまた神経痛


朝、歯を磨いていたら左肩甲骨のあたりにピーンと痛みが走った。左肩にも来ている印象である。1瞬、あっただけでその後は元に戻った。いったいこれはなんだろう。

私は結構大きなストレスに直面すると肩コリがする。本などの出版が決まると肩こりが始まる。ある程度書き上げるとこれがなくなる。ストレスとの関係かもしれない。念のため神経痛に効くという薬を2錠服用した。サロンパスと同じ効果の期待できる薬も塗ったね。これがうまくいくかどうか。

40代までは、肩こりなどしたことがなかったのだが、50代に入り、するようになった。ストレスがこの引き金となっている。養生せんとあかんな。
[PR]

by kogaj | 2011-10-29 11:04 | 日記

卒論の中間発表と打ち上げ


本学では、卒業に際して論文の提出を義務つけている。世間でいう卒論である。卒論の単位が取れなければ、卒業できないというハードルがある。その卒論の中間発表会というのが先日会った。別の先生との合同である。

 発表したのは10人。わがゼミから発表する予定だったA君が何の前触れもなく欠席した。発表は押しなべて良好だった。トップバッターはわがゼミのエース。パワーポイントを有効に使い、なかなか上手くまとめておった。卒論の出来栄えが期待される。

終了には、3時間近くかかった。その後は、席をレストランに移し、即席の打ち上げ。3、4年生の6人が出席した。3年生は2人欠席。いったいどうしたものだろう。こういう会合は、出席することに越したことはないのだが。効用が分かっていないのだろうなあ。
[PR]

by kogaj | 2011-10-28 10:38 | 大学

ワールドウォッチング


3年前から続けている茨城県の県民大学講座の2回目が先日ありました。1週間前から準備をしていたのだが、それが一瞬にして消し飛んだ。リビアの暴れん坊、カダフィ大佐が突然、殺害されたからである。その日は、アラブの春の講義をする予定だった。急きょ、差し替えたのである。

アラブの春を象徴するかのような大佐の死を伝えずして講義などはできない。外電などをかき集めて対応した。その時点で分かったことは、その後もほぼ情報としては間違いないようである。つまり、逃走する途中でNATO軍の空爆にあい負傷、隠れていたら民兵に見つかり殺害されたという事実である。

42年前にクーデータを起こし王政を打倒、民主制を確立したかと思いきや、独裁に走り、結局、自滅した。こういう運命だったのだろう。世界で一番影響を受けたのは誰だったのか。私は、北朝鮮の金正日だろうと思う。苛烈な独裁制の下、言論の自由を封殺し、強権政治を敷いていた中東の最高指導者が次々と政権の座を追われてる。

つぎは自分の番か、と思うと、ぞっとしていることだろう。北朝鮮の圧政は一段と苛烈なものになるだろう。
[PR]

by kogaj | 2011-10-23 06:45 | 講義

2・3年生交歓会


先日、講義の終了後、我がメディアコースに在籍している3年生と、来年在籍する2年生の交歓会があった。参加者数は、計50人くらい。先生方も4人顔を出していた。目的はまあ、顔見世かな。2年生は所属するゼミがまだ決まっていない。その情報収集の一環ということもあるようだ。

場所は、生協の2階。会費は学生は500~1000円。主催者は、わがゼミのN君。わがゼミでは、宴会部長を担当している元気印の3年生だ。ゼミの同僚にヘルパーをお願いしたのだが、姿がなかった。残念ですな。最初にコース長のS先生が挨拶、私もしゃべったな。何を話したかな覚えていない。大したことは話さなかったのだろう。

来週は、4年生の卒論の中間発表。12月の最終提出に向けて走り出す。
[PR]

by kogaj | 2011-10-22 11:05 | 大学

思い込み


先日近くの病院で久しぶりに血液検査をした。中性脂肪などを含めた体調をみるためである。いずれも健康体の範囲内。安心した。ところがである。一つ気が付いたことがある。思い込みである。体重が現在71キロ台。10年くらい前は65キロくらいと思い込んでいた。

だが、ここ30年くらいの健康診断の結果をチェックしたら驚いた。体重は、96年以来70―71キロ台。なんと、65キロだったのは25年前。ここ15年くらい変わっていないのである。93年の頃の体重は、63キロくらいだったかなとも思い込んでいたのが、独りよがりであることが判明した。よかったのか、悪かったのが。

現在、70キロを切ることを目指し切磋琢磨中。この目標もやや意味がなくなった感じ。もっと驚いたのが、腎臓の機能を測るクレアチニンの数値。最近は、0.8くらいである。バリバリ働いていた10数年前の値が1.2だった。これは驚いたね。当時は腎臓の機能があまり良くなかったようだ。2.0を超えると人工透析のようである。この値が3割減となったのは朗報だね。

最近は、ジムで水泳などをしているのがよいのかもしれない。
[PR]

by kogaj | 2011-10-16 23:34 | 日記

県民大学講座


大学のメニュではないのだが、この期も茨城県が主催している、世界情勢をブリーフィングする県民大学講座の講義を担当することになった。その第一回が先日あった。いつものように定刻の前に着席してくれた。総勢30人。定員も30人。ただし、出席の予告があったのは33人だから3人欠席したということである。

間に10分の休憩をはさみ、計2時間の講義である。大学の講義と違い居眠りをする聴講生はいない。若者も少数いるが年齢層は熟年、壮年が中心。知的好奇心に燃えているということなのか、皆さん若々しい感じがする。脳を使うと認知症になりにくいとの専門家の話をどこかで読んだことがある。

直近の話を扱うので準備が結構大変である。新聞にいつも目を通しておく必要がある。パワーポイントも作成しなければならない。前回の講義に出席している聴講生も多いから、同じ講義ではなだめである。
[PR]

by kogaj | 2011-10-14 07:22 | 講義

講義で質問


後期がスタートして2週間目入りした。学生も新しい気持ちで、「今期こそ頑張ろう」という意気込みが感じ取れる。何十年か前に自分もそうだったからその気持ちはよく分かる。結構なことである。

先日の講義の中である学生が質問をしてくれた。とてもいい質問だった。他の学生も同じ質問をしたかったようである。私も突っ込んで話ができたから、気分がよかった。

ハーバードのサンデールさんの講義が話題になっている。あの講義では、学生から頻繁に手が上がる。学生が意欲的であれば、教師のやる気をさらに起こすことができる。そんな好循環を感じた瞬間であった。
[PR]

by kogaj | 2011-10-13 07:02 | 講義

酸辣湯麺


皆さん、スーラータン麺を食したことがありますか。これが本当に美味いのである。転職前の会社のビルの地下に「上海」という中華料理屋があり、そこのこのスーラータンが抜群だった。

久しくこの味からとおざかっていたのであるが、幸運にも先日昼飯にこれにアクセスする栄誉にまみれた。ウ~ン、結構いけるのである。最寄のスーパーでは、145円した。札幌味噌ラーメンなどが75円程度だからその2倍である。

即席めんなのにスープが抜群。飯を投入しおじやのようにして味わった。とてもよかったな。興味深いことに、最近完成した水戸駅の駅ビルの中華料理屋にこのスーラタン(800円)があった。これもトライしたが、この袋めんの方に軍配を上げたい。いいものを発見した。あまり頻繁に食べるとありがたみが薄れる。1か月に1度程度にするつもりである。
[PR]

by kogaj | 2011-10-09 07:23 | グルメ