今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


送別会&新人歓迎会

補講を除くと大学は、今週が最後の講義の週です。来週は、試験週間。ゼミも最後とあって、打ち上げというか、4年生の送別会と4月からゼミに入る2年生の歓迎会を挙行した。オーストラリアからの留学生も帰国するので、これも合わせた盛大なセレモニーとなった。


c0018010_764911.jpg
場所は、JR水戸駅近辺の居酒屋。大学からバスで20分くらい。男子学生が確保してくれた。この学生が予約すると、量は多いし、なかなかの店を探してくれるから重宝する。4月からゼミに参加する学生で顔を見せたのは、たったひとり。こうした会合がことのほか重要であることを知らない学生が多いようだ。授業はサボっても出るのが鉄則。4月から骨の髄まで分からせてあげよう。
[PR]

by kogaj | 2013-01-31 07:00 | ゼミ生

ハワイ


c0018010_662362.jpg先日、ハワイに行ってきました。その話をあるところに書きましたが、やや付け足して手直しした滞在記です。ご笑覧ください。

これまで、40か国以上の国を訪問しましたが、常夏のハワイ・ホノルルは初め。未明、正確には午前5時過ぎに到着。入国者も少ないから、簡単に入国審査を終えることができるか。そう思ったら、そうは問屋は卸しませんでした。延々1時間半、列に並びました。日本人だけ。

4年くらい前にニューヨークだったかな、米国に入った時に比べれば短かったけれど。ホテルのチェックインは、午後3時だからそれまで時間をつぶさんとイカン。だから、イライラはしませんでした。まずは、ホノルル国際空港に近い戦艦アリゾナ記念館に行く。

真珠湾攻撃の時の当時の様子が、写真、当時の兵士の証言などを交えて、掲示してある。そういえば、入口でパンフレットを渡された。係員は、私の顔を見て、「チャイニーズ(中国語、あるいは中国人)?」と質問してきたから当方は、「ジャパニーズ」と応える。すると、エプロンをめくった下から日本語の説明書を出して、手渡してくれた。最近は、中国人が多いのか、と実感した。

ここのメインイベントは、目の前に広がる真珠湾の底に沈んでいる戦艦アリゾナの残骸を海上から確認するツアーである。現場は、海軍の所有だということで、写真撮影などは、兵隊さんの指示によらなければならない、と書いてある。そこまでは、50人くらい乗れる小型のボートに乗る。これが人気があって待ち時間が1時間以上あった。

現場に着いた。当時接岸していた戦艦アリゾナの残骸が辺りに散らばっている。海面には、海底から湧き上ってくる油、たぶん重油なのだろうが、それが漂い、太陽の光線をうけてキラキラ輝いている。それをみると、沈んだのは、そう昔ではないこと、1000人以上の兵隊さんの亡骸が海底に沈んでいることを実感する。

終了後は、記念館を出て、ハワイ最大のショッピングセンター、アラモアナへ向かう。ちょうどバスが停留所に着いたのでそのまま乗る。たしか5ドルだった。10分くらいでつくのかと思ったら一時間くらいかかったかな。降りて、食堂へ向かう。ピザと餃子を食する。米国のピザは、結構うまい。初めて米国に来た1986年1月のボストンで食べたピザ屋のそれがとても上手かったことを今でも覚えている。

そうこうするうちに、午後3時が近づく。ホテルに向かう。チェックインしたのだが、ホテルの大きいことに驚く。大きいホテルがマンハッタンのビルのように乱立しているのである。確かに、世界の観光地である。夕方あるいて数分のワイキキビーチに足を伸ばしてみた。


c0018010_671626.jpg何と! どこまでも広がる海岸線かと思いきや、意外に狭い。遠浅の海外ではないのかもしれない。沈む夕日が結構きれいだ。数日間滞在で、数分間隔で観光名所を循環する日本観光客限定の洒落たストリートカー(木製、無料)の圧倒的な多さ、歩行者がいれば横断歩道の数メートル前で必ず停車するドライバーの徹底した歩行者優先の姿勢など驚きの連続でした。また訪れてみたいですね。
[PR]

by kogaj | 2013-01-16 08:28 | 国際

新年おめでとう

雑用がいろいろありまして、これに忙殺されるのが新年でもあります。大学の次回の紀要に掲載する論文の資料を読んでおりました。これが結構大変です。本学紀要に掲載するこれまでの論文は、連載とその時々のホットな話題を交互に書いておりました。

これをあらためることにし、連載物を仕上げようとの気持ちになりました。このためこれに注力しておるのです。早く仕上げて次なるテーマに絞る。こんな感じですかね。今年の目標は、この紀要論文へ力点を置く。来年までかかる可能性が強いですね。

経費に余裕ができれば、この論文のために現地調査をしたいと考えております。あとは、ある経済団体からお願いされている社史の取り組みになりますかね。今年は、国外に出かけることが多くなりそうです。既に予定がいくつか入っております。公用もありますが、やはり私用が大きいでしょうか。
[PR]

by kogaj | 2013-01-06 10:27 | 日記