今週、卒業式 古賀研究室


水戸・偕楽園にて
by kogaj
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マスコミ学会


c0018010_18592021.jpg専修大学生田校舎で日本マスコミ学会の春季発表会と総会があり、出向いてきた。最寄りの駅は小田急線の向ヶ丘遊園である。学生時代に本郷の向丘地区に住んでいたことがあった。この向丘とは何ら関係はないようである。

近くに友人が住んでいる。このため途中下車して昼飯を一緒した。20年以上も前にその駅で下車したことがあったが、変貌ぶりに驚いた。駅がデパートになっていた。小田急線は、開かずの踏切が多くて、乗車するとイライラすることが多かった。

 それが今や、高架がかなり進んでいた。これだと輸送力がアップするし、高架下がモールとして使える。企業側にとってはカネのなる木になるに違いない。午後1時前に落ち合って近くで中華料理をいただく。経済界やマスコミの最近の現状について議論した。結構面白かった。

専修大学生田校舎にたどり着くと、シンポが始まったばかりであった。タイトルは、「『女性活用』といわれる時代のマスメディアとジャーナリズム」。現場の女性記者と大学の先生計6人による話し合いだった。女性記者らは私の知らないような現場の変貌ぶりを報告してくれた。

光陰矢のごとし、現場を離れて5年超経過したが、私も浦島太郎だな、と感じ入った。映像を手掛けるドキュメンタリージャーナリスとの堀川恵子さんという方がフリーの現場の話を披露してくれた。鬼気迫る話で、凄いジャーナリスとがいるもんだと感心した。

懇親会後は、向ヶ丘遊園の駅前で1時間ほど知り合いとビールを飲み、水戸へ帰宅した。


 
[PR]

# by kogaj | 2014-06-01 18:49 | ジャーナリズム

地蔵院

4月末に法事で田舎に帰省した。父の7周年忌である。車を飛ばして佐賀・神崎市の地蔵院へ。住職に人からならぬお世話になった。次は、13周忌である。6年後に私はどこにいるだろうか。
c0018010_7301363.jpg
[PR]

# by kogaj | 2014-05-26 07:31 | 日記

ペンシルバニア州立大学

先々週から先週に掛けて米国からお客様があった。協定校であるペンシルバニア州立大学からの一行である。引率を含めて12人が訪日し、茨城大学で交流事業を挙行した。学生が結構協力してくれて、これが円滑に機能し、盛況のうちに終了した。

 この9月には、今度は、本学から10人が先方の大学へ出向くことになる。この準備も、おさおさ怠ることなく進めていくことになる。
[PR]

# by kogaj | 2014-05-26 07:11 | 大学

ゼミの懇親会


c0018010_14435393.jpg
先日ゼミの懇親会を挙行した。終了後の午後7時から。近くの中華料理屋で。ここは数年前に、正月の中国からの留学生会の集まりで新年会をやった覚えがある思い出深いところである。

当時、私は、協定校である杭州の大学からのひとりの学生の指導教員であった。とても頭の良い学生だと思ったことがあった。

スタートと同時に中華料理がどっさり運ばれてきた。味には覚えがなかったので、やや心配だった。それも一瞬で杞憂に終わった。結構いい味だったからである。

今回は、米国と豪州の留学生が来てくれた。皆いろんな話をしてくれて座が盛り上がった。私も余興で歌を歌った、久しぶりだったね。終電の関係で2人が早退、就職活動の関係で2人が参加できず残念だった。
[PR]

# by kogaj | 2014-04-20 14:39 | ゼミ生

本格始動

明日から前期が本格的に始まります。講義の準備、配布資料などの用意が結構大変です。
[PR]

# by kogaj | 2014-04-13 23:26 | 大学

送別会

友人の大学の先生がおかみさんの住む九州に帰るということで、送別会を挙行した。本学のえらいさんを含めて3人である。学内の会議があって1時間半ほど遅れてしまった。

神亀という美味しいお酒があり、結構飲んでとても楽しかった。話題は、小保方さんから友人の話まで、ラーメンの美味しいお店の品定めで盛り上がった。3人が一致したのは、300円の「のり一」ラーメン。淡泊というのが皆さんの一致した見解であった。お達者で。
[PR]

# by kogaj | 2014-04-11 18:11 | 友人

カラスが食用に


c0018010_185442.jpg驚き、桃の木、山椒の木。私の住む茨城では、何と! カラスを食用にするようである。今、茨城では、このカラスを特産品にできないかと知恵を絞っているそうだ。

味はどうかと言えば、結構、柔らかく甘いらしい。ただし、皮はゴムのように固くダメだとか。レバーは大きくて美味いようだ。増え過ぎでいろいろ言われるカラスであるが、人間様に貢献できるものがあったのは驚き。

もっとも、焼き鳥屋に行けば、スズメなどがメニューにあることを思うと、カラスがあっても不思議ではない。個数を減らすのに良い機会かもしれない。ちなみに11月から2月までカラスの狩猟は解禁されているようだ。
[PR]

# by kogaj | 2014-04-07 23:39 | グルメ

咲いたよ!!

先日のこのブログにアップした、卒業生からいただいた花束の花が咲きました。あれから10日。やはり華やかですね。特に、百合がいいね。カサブランカというのだろうか。毎日、霧吹きで水をあげたらこんな具合にいい感じになってくれました。生け花の知識が行かされた感じです。

c0018010_68065.jpg

[PR]

# by kogaj | 2014-04-06 06:07 | ゼミ生

花見


c0018010_2329287.jpg
天気予報を見たら明日は雨。昨夜の予報は、明日は快晴だったから、日曜に花見に行こうと考えていた。だが、雨と知って急きょ花見に行くことにした、もっとも、急に決断したから弁当もない。昼飯を食って散歩とういう感じだ。

梅の名所の偕楽園まで約10分。梅の花の咲いてない無味乾燥な梅林を抜けて水戸の名所千波湖へ。偕楽園から湖を見下ろせるのだが、桜の花が一面に咲いていて華やかだ。風がとても強い。弁当を持ってきていたら往生しただろうなあ。


千波湖を取り囲むように湖畔に沿って桜の木が植えてある。ずらりと並んではいる。だが、貼りつけた写真をご覧になればお分かりだろうが、壮観と表現するにはあと一歩の感じ。

 興味深いことに、地面にゴザを引いて、一升瓶やビールを並べ興じている団体は、私が見る限りは、誰もいなかった。花見酒というのは東京のことなのかね。カメラを持参したのでいろいろ撮影してきた。皆さんにお見せしましょう.
c0018010_23322198.jpg

[PR]

# by kogaj | 2014-04-05 23:25 | 日記

ああ、花束


c0018010_67677.jpg
先日の謝恩会でゼミ生から、またしても花束をいただいた。20年くらい前にチェコで買ったボヘミアガラス製の花瓶に入れて入口に飾っている。何せ40年前に建てられた官舎の私邸だからボロボロなのは仕方がないとしても、やはり生えます。

前回ゼミ生にいただいた時の花は、1か月以上も咲いていた。今回は、いつまでもつかなあ。霧吹きで花に水分をあげると結構持つのです。上にある小さな絵は、エストニアのタリンでやはり20年くらい前に買った。左の欧州の田園風景を書いた絵は、亡き父からのプレゼント。オーストリアの画家の手によるもの。

台の上に並んでいるのは、ドイツやデンマーク旅行でのお土産。下のマットは、フランス・アルザスで、モザイクのワニは、スペインのガウディー公園で購入した、いかにもガウディー風の置物である。国際的だね。


                                                                                                                            (終)
[PR]

# by kogaj | 2014-03-28 06:07 | 大学

巣立ちました

昨日は卒業式でした。その準備のためとても忙しかったのですが、例年のごとく、いとも簡単に終わってしまいました。

 今回印象的だったのは、私が赴任して2年目に、彼らが1年生の時にゼミで受け持った全員が卒業したことでした。その中には、韓国から来た留学生もおりました。彼らは、とても優秀で、ゼミのけん引役になってくれたことを思い出します。日本勢は彼らにキャッチアップしようと猛然と努力し、最終的には1年で同じレベルに到達できました。

 韓国から来た留学生は、日本での就職を希望しておりましたが、結局、就活もほとんどせずに帰国することになりそうです。最近の日韓の情勢が微妙に反映しているのかなと思いました。

 夕方からは、謝恩会。学部の会議があり、おっとり刀で駆けつけて30分遅れで到着、この場でも、4年前にゼミを受け持った学生との会話を楽しみました。

 ゼミには、4月から、新しく3年生が加わります。どんな3年生が来るのか、とても楽しみです。
c0018010_1192283.jpg

[PR]

# by kogaj | 2014-03-26 11:09 | 大学

本日は卒業式

 本日は晴天なり。そして、卒業式である。学部が関係するのは、学位授与式。昨日までこの関連の仕事で雑用をこなしておりました。

 明日からは、入学式に向けた用意が始まります。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-25 09:18 | 大学

べにふうき茶

花粉症で悩んでいる私の病状を察して、先日とはまた別の友人がから暖かいメイルをいただいた。今後は、鹿児島産の「べにふうき茶」というのが異様に効くというアドバイスである。

 ネットで検索すると、確かに、怪しい人気を誇っているようだ。私も自民党の石破幹事長と同様、怪しさに、最近富に凄さが増している”怪しい60代”。是非試してみたいと思う。

 先日のソニーのロボット犬のアイボならぬアイボンを試してみた。凄く快調である。このベニフウキ茶と併用すれば、その効果は、1+1以上のものがあるだろう。10くらいだったりした。この春は、アイボンとベニ茶で生き抜こう!!!
[PR]

# by kogaj | 2014-03-23 21:39 | 健康

三寒四温

先週くらいから、急に暖かくなってきた。寒い日も確かにあるが、暖房が以前より必要でなくなった感じがする。来週の天気予報をみると、18度が最高気温の日が多い。来週は卒業式だ。ゼミ生が巣立っていく。どんな社会人になってくれるのか。

 今年の4年生は、この1年間で急速に逞しくなった。どうしてだろう。理由はよく分からない。このパワーが社会で発揮されればと思う。卒業式の日にどんな話をしようか。2-3日考えてみよう。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-21 06:41 | 日記

特効薬


c0018010_9565417.jpg「小林製薬の「アイボン」という商品知っていますか」~。こんなメイルが我が友人から届いた。なんでも私の花粉症を気遣ってくれたようである。持つべきものは友人、誠にあり難い限りである。

友人によると、2合瓶くらいの目薬(=洗浄液)とおちょこが、ついているそうだ。朝晩1回づつ、おちょこで洗浄すると、花粉症がやわらぐ場合があるということである。これは朗報、午前中にでもトライしてみなくては。洗浄という言葉に反応し、手持ちの目薬をつけてみたら、快適だ。

 もっとも、アレルギーなので、効かない人にはききませんというこである。件の友人も、自分には、効いたようで、飲み薬を止めたと言われていた。私は、老化による、花粉症との決別を期待しているのであるが、なかなか来ない。しかたがないなあ。アマゾンで検索したらアイボンは、898円。高いのか安いのか。

 写真は、20年くらい前に出たソニーのアイボ、これは、10万円以上したかな。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-19 08:01 | 健康

消費税8%


c0018010_544224.jpg 消費税が3%上がるということでささやかながら抵抗している。値上げ前の購入である。私の関係する範囲では、本、お酒などである。2000円するとしたらあと半月後は、60円余計に支払うことになる。

先日は、好みの日本酒、出羽桜を買った2740円だったか。フルーティーな香りが気に入っている。近くの酒店に行ったら最後の1本だった。滑り込みセーフといったところか。

賞味期限などがある製品は、買いこめる量にも限界がある。長い目で見れば、ほとんど意味のないことなのかもしれない。むしろ財政再建に協力した方がいいのか。もっとも今後数年間で値上げされる5%分のうちの1%分しか財政再建には、貢献しないとの記述が某経済誌に掲載されていた。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-18 05:42 | 日記

花粉の季節


c0018010_5305641.jpgとうとうというか、ついにやってきた。花粉の季節である。先週くらいから目がしょぼしょぼする。鼻水がしたたり落ちてくる。頭がぼ~っとしているわけではないのだが、目が痛いし、やや調子が悪い。普段の80%くらいでしか力が出ない。

マスクをすれば、症状が、若干緩和されるのだが、例年と違って今年は違うようだ。これから1か月程度これと付き合わなければならないかと思うと、やや気が重い。

昨年、たまたま耳鼻咽喉科に通っていて薬をもらったことがあるのだが、あまり効きもしなかった。最近はいい薬がでているとのことなのだが、生来のものぐさから現段階で、病院に行こうとの気も起らない。ただただ我慢するだけなのか。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-17 22:59 | 日記

偕楽園キャンドルナイト


c0018010_5573100.jpg
 水戸と言えば、偕楽園。梅の名所である。桜ほど豪華絢爛とはいかないが、華美を控え、質実剛健を旨とする茨城県らしい観光名所である。日本各地を流浪している私としては、咲き誇る梅をもう少し派手にライトアップし、盛り上げればいいのに、思うのだが、水戸っぽにとっては、「そんなカネはない」、「お呼びでない」ということかもしれない。


c0018010_5573055.jpg
 キャンドルナイトというショーが毎年企画されている。ろうそくに火をつけて、梅の咲き誇る、夜の偕楽園を楽しむということのようだ。写真からお分かりのようにライトアップは、一部の梅のみ。全体には暗いところが多いのは、あまり予算を投入していないということなのだろう。もっとも、午後8時半ごろには、花火を打ち上げていた。日本三大花火の地を言われる土浦があるから業者も多いのだろう。県内の業者対策ということなのかね。

 キャンドルナイトは、ガラスのコップに入れた、火のついたろうそくの周りを和紙で囲んでそれを偕楽園の芝生の上に並べる。夜のとばりが落ちるとそれなりの雰囲気が出てくる。「I love 水戸」というのもあった。


c0018010_61494.jpg
偕楽園に隣接して常磐神社というのがある。ここでは、神楽の奉納をやっていた。偕楽園の一大イベントということで、お好み焼きなどの屋台が繰り出していた。偕楽園の「梅祭り」は、月末までやっているようだ。人も確かに多かった。


 
c0018010_5582947.jpg
 
[PR]

# by kogaj | 2014-03-16 05:55 | 日記

就活下剋上


c0018010_10195323.png幻冬舎から出ている新書「就活下剋上」(山内太地著)を読んだ。なかなか面白い。他の大学や大学生の就職活動の実態が分かって勉強になる。ゼミ生に是非読ませたい。

 4月に新学期がスタートしたらこれを課題図書にして感想文を提出してもらおう。ゼミ生の諸君! 春休みのうちに読んでおいてください。感想文は、400字くらいかな
[PR]

# by kogaj | 2014-03-09 10:19 | 進路

送別会

3月は送別会のラッシュである。定年でお辞めになる先生、他の大学へ転身される先生、さまざまだ。学部全体でやる送別会もあるし、学科、あるいは個人的に催す送別会もある。

 私が関係してくるのは、個人的な送別会である。声を掛けても辞退される先生もいるし、メイルで連絡してもなしのつぶての先生もいる。打率は5割を切るかな。人付き合いを好まない先生もおられるし、なかなか難しい。
[PR]

# by kogaj | 2014-03-09 09:46 | 講義

4年生追い出しコンパ


c0018010_1013241.jpg

追い出しコンパを挙行した。4月からゼミに入る2年生4人を含めて15人が出席した。バイトをキャンセルして来てくれた2年生が2人がいた。見上げた配慮である。こんなに多数が集まったのは、我がゼミで初めて。私などは4年生から花束などをいただいて舞い上がってしまった。嬉しい限りである。たくましく育ってくれた4年生、2か月後はもう社会人である。

c0018010_10182678.jpg

[PR]

# by kogaj | 2014-02-14 10:11 | ゼミ生

県民大学講座

 久しぶりに県民大学講座に行ってきた。1か月ぶりである。講師を担当している。タイトルは、「ワールドウォッチング」。世界の動向をレクチャーするのである。動画や写真などをふんだんに入れたパワーポイントを使ってやる。

 この準備が結構大変なのである。国際情勢を扱うから直近の話を入れ込んだ方がいいのか当然の話である。聴講者からは、「情報がふんだんにあっていい」との評価をいただいたりもする。

 先日は、韓国の話をした。きしむ日韓関係が中心である。安倍首相の靖国参拝の話もしたし、韓国の対応も話をした。あまり質問が出なかったのが、拍子抜けした。

 来週は、米国の話をする積りである。どこまで満足させることができるだろうか。
[PR]

# by kogaj | 2014-02-02 07:36 | 講義

後期最後の授業

 先日、後期の最後のゼミがあった。4年生はこれが最後の授業となる。2週間後に追い出しコンパがあるから、実際はそれが最後となる。

 最後のゼミには、4月からゼミに加わる現在の2年生も参加してくれた。私のゼミは、発言力をつけるのが目的でもある。それが分かっている学生のひとりから、そんな決意が聞かれた。

 「ご迷惑をお掛けするかもしれない」と発言する学生もいた。「迷惑何度掛けられたら困るので、掛けないように努めてほしい」と言いたかったがぐっと我慢した。4月からは、新しい布陣でスタートする。どんなゼミになるのか楽しみでもある。

 ゼミでの活動を評価するため3、4年生にはリポートを課している。4年生には、毎回、「ゼミをこう変えたらよい」との提案をお願いしている。今年はどんな提案が来るか、これも楽しみである。


 
[PR]

# by kogaj | 2014-02-01 08:24 | ゼミ生

口頭試問

先日、この3月に卒業する4年生の書いた卒業論文に対する口頭試問を実施した。同じマスメディアの村上ゼミとの合同である。ゼミ生は、いずれも5人だから計10人。5分間ゼミ生に報告させて、5分間の質問となった。

 先日村上先生が指摘されたことであるが、私のゼミ生は、私が記者出身のため、厚かった話題が新聞的、それに対し村上先生は、映像出身だから、この関連のテーマが多い。どちらが良くてどちらが悪いということもない。

 箸にも棒にも掛からないという論文はまったくなく、いずれも及第点を超えている。4月には皆社会人となる。どんな活躍をしてくれるだろうか。とても楽しみである。
[PR]

# by kogaj | 2014-01-30 09:52 | ゼミ生

大学コンペ

先日、立教大学で、ゼミ生らによる競技会があった。立教大学に行くのは久しぶり。大学らしいたたずまいで、安心感がある。

c0018010_9512792.jpg

[PR]

# by kogaj | 2014-01-17 23:44 | 大学

おめでとうございます!!

あけましておめでとうございます。新年のあいさつがかなり遅れたことをお詫び申し上げます。年末から正月にかけて、米国を訪れておりました。向こうのネット環境はさほど悪くはなかったのですが、遊びほうけてしまいました。

昨年のハワイを除くと、7年ぶりくらいの米国の本土の滞在でした。訪問先は、面積が日本国の数倍はあるテキサス州で、その州都でした。ニューヨークなどに行くと、やや汚れた街並みもありますが、ここは、日本のようなムード。

ショッピングセンターも日本と変わらず、いや日本以上に快適でした。季節は大バーゲンで、80%引きなどもありました。もっとも特大が多い米国人の体型にスリムな私は適合できず、買い物は大したことはしませんでしたね。

やや驚いたのは、米国の物価の高さ。サンドイッチが9ドル前後、150cc入りのペットボトルの水が3-4ドル。高いですね。20年デフレが続いた日本の物価は、もしかしたら世界最低水準なのかもしれません。もっとも、20年前に米国を訪れた時には、物価が安いなあと感じた記憶があります。

安い中国製品などの流入で、日本の物価が下がっているのかもしれません。
[PR]

# by kogaj | 2014-01-11 06:05 | 日記

冬休み入り

大学は25日から冬休みに入った。教員は、その次の週は、連日、会議。以前に働いていた会社も会議が多かったが、それ以上に会議が多い。議事録を作るのが多いから、結構骨が折れる。

冬休み入りとなり、研究室の中を大幅に変えた。カレンダーをまず変えた。それだけで感じが違ってくる。雑然として研究室も少しばかり整理をした。なんかいい感じ。掃除機も掛けた。なんとなく、きれいになった。新年を迎えるときはやっぱ綺麗にしなくちゃね。
[PR]

# by kogaj | 2013-12-27 18:38 | 大学

卒論提出

4年生の卒論提出が終了した。卒論提出に向けての教員の学生への指導は、例年大変である。ある程度の時間を空けて論文が届くのであれば、結構なのであるが、必ずしもそうではない。原稿用紙で100枚くらいの量の卒論が一斉に届く。今回は、それが直前の1週間に集中していた。

早起きしてチェックしなければならない。最後は、私が書くことになる。原文が残っていない場合もある。調査が甘く、間違っていることもある。これを見抜かなければならないから大変だ。最後の輪読をすることになっている。

普段は、2-3日前にその日を設定している。今回は、2日前に予定していたのであるが、完成度がいまいちで、結局ギリギリとなった。

大学での職務の関係から卒論提出に立ち会った。午後4時が締切である。例年通り間に合わない学生がいた。留年である。わずか30秒くらいの違いである。なぜ、もっと早く来れないのか。大学のプリンターが故障したなどと理由を語っていた。

何時もの光景である。申し立て書が提出されて、それが相当と認定されれば受理されることになる。
[PR]

# by kogaj | 2013-12-23 07:11 | 大学

ゼミコンペ

昨日、本学で、立教大学とのゼミコンペを挙行した。
[PR]

# by kogaj | 2013-11-17 08:51 | 大学

学園祭


c0018010_9263725.jpg 11月9、10日の両日は本学の学園祭である。学生委員長を務めている関係から昨日は大学に出て、研究室待機。閉じこもっていてもつまらんから歩いてみた。すると、教え子がいるわいるわ、やっぱ学園祭なのですね。私も中に入ってワイワイやっていた。

何時もは学生が行きかう図書館前の歩道に沿ってテントが林立している。良く見ると、中の学生がフライパンを片手に何か作っている。そう模擬店である。タコ焼き、お好み焼き、おでん、肉まん、から揚げ・・・・いろいろ打っている。8割がたが食い物の売買である。

 思えば、40年前に学生だった私も学園祭ではいろいろやったなあ。ゼミとしての都市問題の発表会や喫茶店をやった。聖心女子大の女学生を助っ人にお願いし、コーヒー、紅茶などを出したなあ。結構、利益が出て、六本木のカンタベリーハウスというところで打ち上げをやった。今もあるかなあ。

 学生からの声ももあり、いろんなところを見に行った。チアガールからも要請があり、撮影に行った。元気一杯、華がある。見ていて楽しい。「カワイイ~」などの声が挙がっていた。

 都市問題というのは、当時の日本は、現在の中国のような感じで、大気汚染に悩まされていた。いわゆる公害である。これを解決するため経済学的にもいろいろ検討、考察されていた。そうした都市問題を扱ったゼミにおり、その発表会をしたわけである。
[PR]

# by kogaj | 2013-11-10 08:20 | 大学