弘道館

水戸は、桜田門外の変で時の大老の井伊直弼を暗殺した浪人を抱えた藩でもある。徳川御三家ということなのだろうか、尊王攘夷運動の強かったところである。最後の将軍の慶喜さんはここの出身だ。

その慶喜のパパさんが造ったのがこの弘道館である。藩校だ。開明派の一方で、尊王攘夷なのだから、ややアンバランスなのである。ただし、幕末は、尊王攘夷がいつのまにか、開国になるのだから、日本は昔から融通無碍の国なのですなあ。原則があってなしの国なのである。

さて、水戸駅の近くにこの藩校がある。ビジターのことを考えて配置しているとは到底思えない観光施設である。県の誇る施設なのでなかなか立派ではあるのだが、ただ、それだけ。鹿児島の薩摩藩の別邸、磯公園の方がまだ、みるところがある。
[PR]

by kogaj | 2009-05-04 20:49 | 日記