大学と自転車

今、構内は、自転車でいっぱいだ。校舎の前は壮観だ。おびただしい数の自転車が並んでいる。一体何台あるのだろう。か1000台では利かないだろう。その数倍はある。住宅と大学が近いという地方大学の特色だろう。

興味深いのは、メインの交通機関がバスで不便な印象を持つのだが、なぜか、このバスが頻繁に来る。某教授は、「山手線並みの間隔」と表現していた。だが、このバスはいつもガラガラ。採算が合うのかしらとなぜか、心配してしまう。

構内の壮観な様子を、皆さんに写真で見せたいのですが。時間がありません。撮影し、これをブログにアップするのは少しばかり時間を要するのです。来年はきっと皆さんにご披露できるでしょう。
[PR]

by kogaj | 2009-05-24 20:24 | 大学