いよいよ

民主党政権が発進した。各大臣の就任会見を聞いていると、日本が大きく変わりそうな気がする。どこまで行政・官僚の抵抗を抑えることができるか。あるいは、改革に意欲のある官僚を見つけ、相応しいポストに起用できるかにかかっているだろう。

最初の試金石は、天下りだろうな。これをどうするか。たぶん、ストップを掛けるだろう。それはいいとして、その後、どうするか。民間では、ある一定以上の年齢になると転籍あるいは、給与が頭打ちどころか、激減する。この慣行をどう盛り込むかである。

外交についても密約などは国民を欺く手法である。徹底的に調べ、このような過去とは決別を求めるべきだろう。このような手法を容認してきた自民党にも大いに問題がある。国民のために日本の政治、行政を変えるべきだろう。大学もそうだな。
[PR]

by kogaj | 2009-09-17 09:11 | 政治