企業の国会担当

某巨大企業の国会担当から異動のご通知をいただいた。政権交代があったからちょうどいい機会だったのだろう。政権交代で、自民党に食い込んでいた実績が何ら意味のないものになった。一からまた始めなければならない。新しい人がやって方が効率だろう。だいいち、色が付いているから使えないだろう。

それにしても、こうした国会担当はどうするのだろう。自民党の全盛期は、議員会館のセンセイの部屋を訪問し、お願いを続けていた。議員からは政治献金の要求、パーティー券をお願いされる。これのさばきであった。民主党の政権でこれがどうなるのだろうか。これからは発想を180度転換しなければならないだろう。。

九段の知り合いは、西の地区の事業本部長である。下に何万人の部下がいるのだろうか。お客様は、1000万人単位だろうに。社長みたいなもんだな。巨業から実業へ。民間はいくら物を売ってナンボだから、現場の仕事が面白いだろうにねえ。
[PR]

by kogaj | 2009-09-26 16:15 | 友人