よれよれの日本郵政

日本郵政の新体制が発表された。官僚の中の官僚と言われた斎藤次郎がトップ。安倍内閣が断行した公務員制度改革で抵抗に抵抗を重ね、骨抜きを刊行した坂が副社長。官僚主導に戻ってしまった。今回の選挙で民主党に投票したサラリーマンは、多いだろうが、日本郵政の官営化を望んだ人は少ないのではないだろうか。

最後のバンカーと言われた西川氏が解任された。その後任が斎藤次郎である。能力的には西川氏がはるかに上だろう。斎藤氏は、官庁のことはよく知っているだろうが、民間のことはゼロである。これで何ができるというのだろうか。私は懐疑的である。
[PR]

by kogaj | 2009-10-29 07:13 | 政治