なんでだろう

最近不思議に思っていることが1つある。英語の授業の終了後に退席する学生がいずれも「ありがとうございます」と挨拶して、帰ることだ。これまで、こんな挨拶があったかどうか覚えていない。たぶん、なかったのではないか。礼儀正しくて、とても素晴らしいことであると思っている。

授業の開始時に、毎回、「おはようございます」でスタート。帰ってくる挨拶にパワーがないと、「元気がない」「もう1回」とやっているのもいいのかもね。大学の先生をみていると、一般の会社に比べてこういう挨拶があまりできていない。こちらが挨拶しても返事を返さない輩もいる。少なくないのだから驚く。

面と向かって話をするときに、相手の顔を見ずに話をする先生も少なくない。これは、実社会では、罰点である。それほど甘やかされているということもあるのだろう。そういう中で4年間過ごすと、勘違いする学生も出てくるだろう。こうした勘違いだけは、しない様に学生を教えてあげるのも教師の努めなのだろう。
[PR]

by kogaj | 2009-11-27 22:19 | 大学