卒論到着

我がセミ生の卒論が到着しだした。いずれもなかなかの出来栄えである。卒業にも使えるようにビシビシ鍛えるつもりである。タイトルがなかなかいい。例えば、「グルジア紛争」「ネット右翼とメディア不信」・・・。総合雑誌にこのまま掲載できるような感じである。

タイトルは、この世界、とても重要である。読者はこれによって、読む気になり、ページをめくってくれる。読んでくれなければ始まらないのが論文である。あとは、内容。どれだけ、調査能力があるかも大事だ。あとは、ネットで検索した記事をそのまま拝借しないこと。これを徹底しなければならない。
[PR]

by kogaj | 2009-12-01 07:18 | 大学