質の高さ

来週初めが締め切りの卒論に4年生は追われている。指導教官もこれに追われているのは当然だろう。本日は何人の卒論を見ただろうか。前の会社の仕事とあまり変わりがない。内容と文章をチェックするのであるから。4年生も頑張ってくれた。自分の論文を完全原稿にするために午後10時くらいまで研究室で頑張ってくれた。

いずれも、なかなかの論文である。そのまま、雑誌に掲載できるような立派な内容である。文章もそれなりに上手い。学生としてはいい線を行っている。

執筆が遅れ、やや心配だった4年生から最終論文が届いた。欧州の紛争を扱った内容である。いい出来栄え。頑張れば結構いいのができるのだ。本学の学生の質の高さにあらためて感じ入った。この土日がヤマ。競馬論文が最後になりそうだ。
[PR]

by kogaj | 2009-12-19 11:33 | 大学