寄付行為

企業献金への関与の廃止を発表した経団連は、同時に個人献金の拡大の必要性を重視している。これからは個人献金の時代となろう。ただし、個人献金重視という掛け声は30年以上も前から聞かれる。

私は、この種の政治献金は、やっていない。現段階で、思想信条がパッチリ会う政治家がいないからということが大きいだろう。ただし、寄付行為は、やっている。今回の確定申告で寄付行為の申告をした。。

c0018010_834898.jpg
私の払った、源泉徴収された税金からいくばくかが控除された。戻ってきたのである。そういう意味からは、寄付行為についての違和感はないし、やるべきものであるとも思っている。社会貢献からも大事だろう。

私が献金するかどうかは、次の目安で決めたい。いい加減は使い方はしてもらっては困る。料亭で酒を飲んで、コンパニオンや下足番に1万円をチップで上げるような政治家には絶対にやらない。これは、この目で見たことがある。とんでもないと憤慨したことがある。  ⇒経団連会館

麻雀の負けを献金で払うようなヤツにも絶対にやらない。身を正してもらう。これが大事だろう。これは、今の首相の関係者がそれの常習者だと、自民党の元閣僚からきいたことがある。たぶん、本当だろう。
[PR]

by kogaj | 2010-03-11 07:49 | 政治