学会で京都

京都大学で学会があり、百万遍の本館を訪れてきた。本学と同様、行内には、自転車がびっしり。バイクもちょぼちょぼ。きちんと順番に並べて、整理整頓された置かれていたのには驚いた。さすが京大。本学も学ばなければな。

左翼学生の書いたものではなかったが、入り口に立て看があった。私の大学のころには、たくさんあったのだが。左翼の強い京都ももうこんな感じということだろうか。東大・駒場に行った時の印象で書いたことであるが、建物が多すぎてとても狭い感じがしたね。京大も同じだ。本学はそれと対照的に、ひろびろとしてとてもいい。この空間を大切にしなければならんな。

学会では、今夏の原発事故を踏まえて、今後のエネルギー・電力政策がテーマとなった。損害賠償の話、発送電分離など盛りだくさん。とても面白く、ためになる会合であった。学会が面白かったのは初めてである。いい方向に議論が進んでいるという印象であった。
[PR]

by kogaj | 2011-07-18 09:01 | 大学