三途の川


先日久しぶりに旧友と交歓会。その場で三途の話がでた。出席者の実話である。20代の頃に、死亡直前まで行くような大変な思いをした経験を語っていただいた。その瞬間は、走馬灯のようにいろんなことを思い出すそうである。結構気分がよかったようだ。

そうするうちに三途の川の端まで来たとか。向こう岸が見えるところまで接近したといっていた。もう一人もまた同じように、三途の川まで来たそうだ。すると向こう岸に自分の死んだ両親がいたそうだ。両親は、まだまだ早い、こちらに来てはだめだと合図をしてくれて辛くも川を渡ることはなかったようだ。

本当に三途の川はあるのですなあ。私もいつ川わたることになるんですな。
[PR]

by kogaj | 2011-07-24 16:58 | 友人