相次ぐ試験

学外の一般の方には驚きだろうが、大学は試験が結構ある。先週は、学内の転学部・学科入試に、大学院の秋入試があった。学力を審査する試験と面接により構成される。年明けのセンター受験などに比べると受験者数は少ない。だが、一人一人の面接があるから結構時間かかる。手も抜けない。

最近目立つのは海外からの受験生である。中国、韓国、東南アジアからの受験生が結構多い。40年前の大学院受験者は、かなり成績の優れた学生に限定されていた。独立行政法人化で大学の対応も変わったのではないかと思っている。
[PR]

by kogaj | 2011-10-30 11:24 | 大学