卒業雑感

教師になってまる3年。4月から4年目に入る。この時期になると話題になるのが、4年生の単位である。私の属する学科では、124単位取得すれば卒業できる。

教員になるために必要な単位を大量に取得、合計180単位以上を取得する学生もいる反面、124単位ギリギリで卒業する学生もいる。こうした学生はどういう気分でいるんだろう。落としたら卒業できないことになるのだが、心配はないのだろうか。

10単位くらい余分に単位を取得すれば安全なのにと思うのだが、ギリギリ族は少なくない。この関係で毎年数人、卒業できなくなる最悪の事態に落ち込む学生もいる。多くはないが、確実に存在する。落第点をつけた先生のところに行って泣きをいれるのか。

そこで理解を示す先生もいるのだろう。就職が決まっているからとか、いろいろ理由をこね回すのだろうか。
[PR]

by kogaj | 2012-02-18 11:33 | 大学