椎茸弁当-宮崎訪問⑥

c0018010_10035075.jpg

c0018010_09561580.jpg
宮崎に滞在した4日目に日豊線で鹿児島へ移動した。途中1時間程度の都城での待ち合わせを含めると、鈍行で3時間超かかる。高速バスも調べたが、鉄道とさほど変わらない。運賃は、鉄道の方が300円ほど安い。お昼前の列車に乗り込む。その前に宮崎の誇る「椎茸めし」を買った。700円超。ビールも1本。

甘辛い味付けでなかなか美味である。適当におかずもついていて、これをつまみながらビールをいただく。50人以上の乗客を収容できる車両には、10人程度しか乗車していない。我が常磐線も茨城県内では同じこと。東京に近づくと俄然、乗客が増える。

つり革広告に、NHKの大河ドラマの「西郷どん」の宣伝があった。こちらでは、大変な話題になっているのだろう。もっとも、宮崎は、西南の役で、戦場となり、被害を被った地域でもある。西郷に対する思いは、鹿児島とは、必ずしも同じではないような気がした。








[PR]

by kogaj | 2018-04-01 10:08 | グルメ